読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アニメ&漫画感想ブログ

アニメと漫画の感想を書いていこうと思います!

ワールドトリガー 第29話「運命の分岐点」

ヴィザ&ヒュースと戦う、遊真と迅。

奇襲した遊真の攻撃も軽くいなすヴィザ。

 

一方、玉狛支部にはようやく林藤支部長が到着

現状の把握をはじめる。

 

露骨な尺稼ぎ!

でもここまでの総まとめが出来てよかったかも!

 

対峙する遊真たち。

 

 ヒュースは迅たちに構わず千佳を攻撃!

これに修が反応!なんとか腕を伸ばし攻撃をガード!

しかし修の腕には磁力の礫が・・・

 

修と烏丸は千佳たちC級を連れ、封鎖された連絡通路を避け本部へ向かう。

 

道を阻むトリガーにより、これ以上修たちを追えなくした迅。

いよいよ対決の時は迫る!

 

ヴィザとヒュースは秘匿通信でやり取りをし、作戦を練る。

同じく遊真と迅も秘匿通信で作戦会議。

相手の連携は強力・・・

 

だがこちらは、迅の戦い方を知らない遊真にとって連携は返ってやりづらいと進言。

個々で戦うことに。

となれば、まずは二人を引き離さなければならない。

 

磁力の使い手が相手だとやり辛いという遊真はヴィザを相手にする!

遊真のブラックトリガーの力で敵を上空に投げ飛ばし、

さらに敵に自由を与えないための重しのトリガーを発動!

 

これによりヴィザは空中での攻撃が出来なくなった!

遊真の怒涛の攻撃は続く!

空中に打ち上げたヴィザをそのまま蹴り落とす!

 

落下するヴィザ!

その衝撃でビル一棟が倒壊!

凄まじい一撃だ!

 

しかしヴィザに目に見えるダメージはない。

どうやらヴィザの纏うマントに秘密があるようだ。

 

重りのトリガーも外れてしまう。

 

遊真はなぜこちらの世界にせめてくるのか、

もっと近場でさらえばいいのではないか?と質問する。

 

ヴィザが言うにはすでに多方面に対し、攻撃をしかけており

この世界もその一つにすぎないという。

 

これだけの戦力を様々な星につぎ込む・・・となれば、

本国は放っておいている・・・?

 

本来ならば考えにくい状況だが、何か理由があるのか。

 

一方ヒュースと戦闘中の迅さん。

サイドエフェクトの力で攻撃を避け続ける。

 

中々攻撃が当たらないことに苛立つヒュース。

暗闇に乗じて戦うことに!

 

上手く屋内に入った二人。

暗いだけじゃなく、ヒュースのトリガーは元々黒っぽいので

これが保護色になり、より一層さばくことが難しくなる!

 

それでも攻撃をいなし続ける迅さん。

流石である!

 

しかし、とうとう磁力の礫を腕に食らってしまう!

そして壁と磁力でくっつき、磔にされてしまう!

 

迅さんはヒュースに言う。

お前は見捨てられた・・・と。

 

動揺するヒュース!

迅に向かって突進してくる!

だが、タイミングよく防壁?トリガーに両サイドからがっちり体を挟みこまれ

身動きが取れなくなったヒュース。

 

これで一つ最悪の未来の可能性をつぶした迅さん。

 

 

その頃、ようやく本部にブラックトリガーの人型ネイバーが侵入している事態を知る烏丸たち。

しかしそれでも迅さんの指示通り、本部を目指すことに!

 

一方その本部では、エネドラの暴走が続いていた。

逃げ惑う隊員たち!

非戦闘員たちはやられてしまっていく!

 

攻め入るエネドラに戦いを挑むのはベイルアウトして戻ってきていた

諏訪が率いる諏訪隊だ!

 

銃撃戦を仕掛けるが、エネドラの液状化するトリガーの前にダメージは与えられない!

風間曰く、常に弱点を移動させわからなくしているらしい。

広範囲への攻撃が得意な諏訪隊をあたらせたのはそういう理由かららしい。

 

諏訪隊は後退しながらエネドラを訓練室へといざなう!

ここでならトリオン切れの心配はない!

攻撃で失った腕なんかもすぐに修復する!

 

不思議がるエネドラ!

 

そして運命の分岐点まで

およそ1240秒!!

 

■前回

 

■次回

 

■ワールドトリガー感想まとめ