読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アニメ&漫画感想ブログ

アニメと漫画の感想を書いていこうと思います!

ドラゴンボール改 第152話「頑張れカカロット!お前がNo.1だ!!」

 

魔人ブウと一人でやりあう悟空。

だがその圧倒的な実力の前に悟空はついていくだけで精一杯のように感じる。

 

二人の戦闘を見て絶望する界王神を尻目に

老界王神は「大丈夫!悟空は相手の力量を測っているだけだ!」という。

 

果たして本当にそうなのか・・・

 

どれほど攻撃しても、スグに復活するブウに対し

悟空は戦えばその分スタミナは削られていく。

 

一件いい勝負に見えても、この差は大きい。

 

ふざけて戦う魔人ブウにいよいよ本気になる悟空!

超サイヤ人2に変身し、その流れから超サイヤ人3へと変身を遂げる!

 

ここからが本番だ!

悟空も本気!

 

二人の超バトルは様々なところから、様々な者に見られていた!

 

それは大界王界であったり地獄であったり、皆がこの戦いを見守っていた。

クリリンとヤムチャは界王様を通して、戦いを見ていたようだけど、

パイクーハンとオリブーは特にそんなことせず、目を瞑ってみてたな(((( ;゚д゚)))

 

これって凄くない!?

 

いっぽう地獄ではフリーザやセルなど、過去戦った奴ら揃いも揃って

観戦wこの上ない娯楽だろwいいのか地獄w

 

負けちまえー!と魔人ブウを応援するフリーザw

 

最新映画、復活のFでは天国で蓑虫にされていたのにw

でも、地獄にも悟空を応援する者もいたw

 

なんとバビディだw

ちゃっかり悟空の応援しててワラタw

 

 

激化する戦い、ついに悟空は魔人ブウに倒されてしまう。

原作にはないエピソードだ。

 

ベジータは交代だ!と

超サイヤ人にもならず魔人ブウと対峙!

 

悟空のかめはめ波でチリヂリになった、大勢の小さな魔人ブウに一気に

取り付かれてしまう!

 

なんとか気合で振り切り、エネルギー弾の嵐で魔人ブウを迎撃するも

ダメージなど与えられない。

 

完全に遊ぶ魔人ブウ!

ベジータは魔人ブウの下半身をエネルギー波で吹き飛ばすも、

スグに回復wまた攻撃、また回復とw遊びすぎであるw

 

ついにはベジータをボコボコにし始める魔人ブウ。

壁際に追い詰められ、いよいよ終わりを覚悟するベジータ。

 

魔人ブウは気を溜めて、今にも発射寸前だ!

そこに休憩した悟空が助っ人に!

 

もう一度交代することに!

 

 

ベジータは悟空を認め、語り始める。

 

 …なぜ天才であるはずのオレがおまえにかなわないのか…

 守りたいものがあるからだと思っていた…

 

 守りたいという強い心が得体の知れない力を生み出しているのだと………

 たしかにそれもあるかもしれないが、それは今のオレもおなじことだ…

 

 …オレはオレの思いどおりにするために…

 楽しみのために…敵をころすために…そしてプライドのために戦ってきた…

 

 だが……あいつはちがう…勝つために戦うんじゃない

 ぜったいに負けないために限界を極め続け戦うんだ…!

 …だから相手の命を絶つことにこだわりはしない…

 

 …あいつはついにこのオレをころしはしなかった

 …まるで今のオレが

 ほんのすこしだけ人の心を持つようになるのがわかっていたかのように…

 

 …アタマにくるぜ…!戦いが大好きでやさしいサイヤ人なんてよ…!!

 

 ・・・・・・・・

 

 がんばれカカロット…

 おまえがナンバー1だ!!

 

 

くううう~~~~~!!!

しびれるねええええええ!!