読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アニメ&漫画感想ブログ

アニメと漫画の感想を書いていこうと思います!

終わりのセラフ 第6話「新しいカゾク」

アニメ

 

■前回のレビュー

 

鬼呪装備・黒鬼シリーズの契約の儀に挑戦する

優一郎、君月、与一の三人。

 

与一は姉を吸血鬼にころされた過去を体験させられていた。

 

ベッドの下に隠れて絶対に出てきてはダメ・・・

それが姉の最後の言葉になった。

 

目の前で姉がしんでいく・・・

吸血鬼は与一の存在に気付かず部屋をあとにする。

 

姉の遺体と目が合う与一。

なんと姉が語り始めた。

 

「で、早乙女与一・・・今はお前の最も深い部分の記憶を再生しているわけだが」

 

生きているかとの与一の問いに

 

「もちろんしんだよ」

 

と答える姉の姿をした鬼・・・!

 

 

一方君月も鬼の幻惑と対面していた。

君月は妹と対峙する。

 

「お兄ちゃん・・・あのさ・・・もし邪魔だったら・・・私の事・・・」

 

君月は馬鹿なことを言うなと妹を叱る。

 

「だってお兄ちゃん・・・毎晩泣いてるじゃん・・・辛いって。私を捨てたいって・・・」

 

鬼の精神攻撃・・・

これは幻覚ではないと鬼は答える。

 

すべては心の奥底に眠る真実・・・

 

 

一方同じく優も鬼に家族の映像を見せられていた。

ミカの姿をした鬼・・・しかし、鬼のやり口を一度体験した優は動揺しない!

 

だが鬼の謎の刺が無数に優の体を突き刺す。

身動きが取れない優。

 

優の復讐心を認める鬼。

力を貸すという。

 

しかし、今のままでは足りないという。

ミカ以外にも家族が次々と姿を表す。

 

「もっともっと復讐のためだけに生きてくれなきゃ力はあげられない」

「愛を捨ててよ優ちゃん・・・

 僕らは一番それが苦手なんだ。

 欲望は好き・・・だけど、愛は嫌い・・・」

 

「与一・・・君月・・・シノア・・・仲間・・・

 なにそれ?優ちゃんだけ友達作って幸せになるつもりなの?」

 

友達を捨ててよ・・・

復讐だけに生きてくれるんでしょ・・・

 

優を責める言葉の数々!

 

「やめろぉぉおおぉおぉ!!

 てめぇらガタガタうるせぇ!!

 いいからオレに力をよこせ!!

 俺は・・・俺には!!

 全部を守るだけの力がいるんだよぉおおお!!」

 

鬼の幻影を打ち破った優!

どうやら優は鬼に気に入れたようだ。

 

優の心が強い限り従ってやるという。

だが、少しでも弱さを見せたら、その体を貰うという。

 

鬼の名は阿修羅丸。

 

そして鬼から優に忠告。

優の体に何かが混じっているという。

すでに1割は人間じゃないという。

心当たりが無い優にはさっぱりわからない。

 

「人間を信じるな」

 

阿修羅丸の言葉の意味するところは一体・・・

そして契約を済ませた優は目を覚ます。

 

君月はすでに契約をすませていたようだ。

だが、与一はまだ契約を終えていない様子だ。

 

 

 

鬼と対峙する与一。

鬼は言う、いまいち強い復讐心を見つけられなかったと。

 

あるのは安定・・・優しさ・・・他者への愛情。

そして自分だけが助かったことを喜んでいる。

争いを嫌い、仲間が傷つくこと、自分が傷つけることを嫌っている。

 

鬼はそう見抜いた。

 

与一にはあまりにも欲望が足りない。

そして鬼に付け入る隙を与えた結果、与一は体を乗っ取られてしまう!

 

目覚めた与一は鬼に体を支配されている。

グレンは優と君月に鬼の討伐を命じる。

 

与一の弓が容赦なくグレンを狙う!

グレンは余裕でいなす!

 

グレンの命令に不満を持つ優。

仲間をやれるわけがない!

 

しかし、甘いことを言うなと一喝するグレン。

もう与一は戻らない!

 

戦うしかない!

 

しかしあくまでも、元に戻ることを信じて

与一に・・・鬼に語りかける!

 

なんとか与一の弓を弾いたが、鬼の本体はあくまでも与一の中にいる!

武器を弾いたくらいではその力は衰えない!

 

反撃を食う優!

すかさず君月がフォローに入るが、優の言葉に刃を寸止めする君月!

 

自分に手が出せないと知った鬼はさらに調子付く!

 

 

グレンにやりすぎだというシノア。

だったらお前が楽にしてやれとグレンはいう。

 

何も出来ないシノア。

 

与一の説得は続く!

 

「やれよ・・・俺は仲間をころせない。

 見捨てないって決めたんだ。

 そして与一・・・お前も俺をころせない」

 

嘲り笑う与一は弓を構えたままだ。

 

「お前が俺と一緒なら・・・

 目の前で家族を失ったんなら

 仲間をころせるわけがないんだ!」

 

そういうと、ついに優は刀を捨て無防備に。

だが与一はやめる様子を見せない!

 

すぐさまシノアと君月はフォローに入る!

 

「だから早く目を覚ませよ!馬鹿与一!!」

「じゃあ・・・しね・・・!」

 

するとグレンが声を荒げて与一に語りかける!

 

「与一!てめぇはまたベッドの下で家族がしぬのを見てるつもりか!いいからさっさと出てきて仲間を守れ!!」

 

 

与一が苦しみだす!

優の言葉が、グレンの言葉が与一の心に響く!

 

「大切な人を守れるだけ力を・・・!

 敵を全て壊せるだけの力を・・・!よこせよ鬼ぃぃいい!!」

 

そして与一は見事に鬼の支配に打ち勝った!!

 

泣いて優に抱きつく与一ww

頭ポンやめろwwww

 

そしてなぜか優に

「戻るのがおせえええええええ!!!」

 

と蹴りをいれるグレンww

 

「なんで・・・俺なんだよ・・・」

 

一発KOww

 

「昔の家族はもう忘れろ。

 ここにいるのが新しい家族だ。

 お前は今いる家族に命をかけろバカが!

 過去に何もねぇぞ・・・あるのは未来だけだ」

 

グレンは優にそういうと、前線に出てみるかと提案。

新宿奪還を計画してる吸血鬼の調査にでかけるようだ!

 

一方吸血鬼たちも、飛行機で東京に到着していた・・・!

 

■前回

 

■次回

■終わりのセラフ感想まとめ