読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アニメ&漫画感想ブログ

アニメと漫画の感想を書いていこうと思います!

俺物語!! 第6話「俺のネガイ」

アニメ

大和からいつものおやすみメール。

猛男は夜空をみて思う。

 

大和…無理をしていないか?と・・・

猛男は大和と付き合ってから、毎日の終わりに

「いい日だったな」と思っている・・・( ‘д‘⊂彡☆))Д´) パーン

 

大和・・・悩むな。

俺は一日の終わりに大和にも笑っていてほしいのだ。

 

大和の隠し事にうすうす勘付く猛男・・・

しかし大和には聞けずにいた。

 

大和もまた猛男に告白できずにいた・・・

 

いったい大和の隠し事とは・・・?

 

少女マンガを学校で読みふける猛男w

少しでも女心を解るために勉強中かw

 

そんな時に学校の前に現れた砂のお姉さん。

大学一年生には見えんなw

もっと上に見えるw美人だけどw

 

にしてもお姉さん・・・

豹柄ってなんよw

 

お姉さんは校門の前からジェスチャーで砂に用件を伝えるw

猛男に

内緒で

早く来い!

 

しかし伝わらない砂w

結局メールするw

はじめからそうしろいw

 

 

大和の高校に出向いた砂とお姉さんの2人。

猛男抜きで大和に聞きたいことがあるというお姉さん。

 

三人は公園に移動。

単刀直入に「猛男に何か隠してるでしょ」というお姉さん。

 

猛男がそれに気づいていること、

そのことで悩んでいることを伝えるお姉さん。

 

姉「絶対に言わないから!」

砂(絶対言う・・・)

 

涙を浮かべ話し始める大和

 

「うちは・・・猛男君が思うようないい子じゃない・・・

 

衝撃を受けるお姉さんw

 

「どういうこと?」

 

砂がそう聞くと、猛男の体を褒め始める大和ww

お姉さんも一々同意するw

 

ドン引きする砂ww

下がっていってるww

 

猛男が大人になるまで指一本触れないってことがひっかかってたんだな。

大和はそんな純真じゃなくて猛男と手を繋いだりしたいと。

 

「私、猛男君といるとよこしまな気持ちになるんです・・・

 でもそんな事言えない!言ったら嫌われちゃう・・・

 ていうか・・・絶対ひくし・・・」

 

ボロボロ泣き出す大和。

 

ッ!!

 

まったくなんだと思ったじゃないか( ‘д‘⊂彡☆))Д´) パーン

 

お姉さんは「そんな事で猛男は引くような男じゃない!」

全力でフォローするお姉さん。

 

お姉さんだって猛男好きなのに(´;ω;`)

大和を認めるお姉さん。。

 

まぁ猛男が幸せならね・・・彼女もいい子なら

仕方ないよね。

 

 

お姉さんが猛男を好きになった理由・・・

それは小学6年のとき、背が高かったお姉さんは男子にからかわれ、

校庭にあった変な像と同じあだ名にされ、それをずっと気にしていた。

 

そんなお姉さんに三年生の猛男は

「姉さんってアレに似てるな」

「伸びゾーね」

 

「違う!そこの花屋の名前は知らないけどあの花に似てる」

 

白く美しい花をさす猛男。

 

「あたし・・・あんなにキレイなの?」

「うん」

 

 

それだけなの!?

恋なんてそんなもんらしいw

 

なぜ今まで告白しなかったのか聞く砂。

お姉さんは年の差を気にしていたようだ。

小3と小6、中1と高1・・・たしかに無理があるかもだがw

 

で大学まで待ったとw

なるほどねえ

 

猛男に彼女が出来ると思わなかったというお姉さん。

だが砂はいう。

「できるでしょ。あいつカッコいいし」

 

(´;ω;`)

猛男イケメンだもんなぁ。

 

涙するお姉さん(´;ω;`)

帰り道、木の上の猛男を発見ww

 

木から下りれなくなった子猫を助けてたw

いや、それは猛男にビビってるだけじゃww

 

砂が大和さんが猛男の家に泣いて向かったと伝えると、

猛男は猛ダッシュで駆け抜けていった!

 

めちゃくちゃ速いwww

柔道部に関わらず中学では校内マラソンで陸上部などを差し置いて

三年連続1位ってwwww

 

もう多分何やっても常人離れしてそうww

 

そして大和に追いつく猛男。

 

「思っていることを全てぶつけろ」と言う猛男!

男らしい><。

 

大和は手をつなぎたいと正直な気持ちをぶつける!

猛男は照れながらも、大和と手を繋ぐw

 

親子じゃねぇか( ‘д‘⊂彡☆))Д´) パーンw

 

でかさがちがうw

 

大和は猛男が自分のピュアな部分が好きと言う言葉を思い出し

今まで隠していた事を語り始めた。

 

猛男の家にはじめていった日・・・駅員さんに聞いたのは嘘だったという。

制服から高校はわかっていたから自ら学校に猛男の情報を聞きに行ったんだって。

 

携帯を家に忘れたのもワザと。

どうしても接点を作りたかったんだって。

 

めっちゃ健気だな( ‘д‘⊂彡☆))Д´) パーン

 

猛男愛されてるなぁ。。

 

猛男が嬉しいと答えると大和は泣き出す。

クッソ可愛いなこの子( ‘д‘⊂彡☆))Д´) パーン

 

 

泣かしてしまった猛男は謝る。

もう二度と大和を悲しませないと誓ったのに!

 

でも大和はこれはうれし涙だからカウントしないよ!だってさ!

 

「今夜は笑って眠れそうか?」

「えっと・・・たぶん・・・ニヤニヤしちゃう」

 

 

くっそww

リア充どもめww

 

お姉さんは名古屋に帰るようだ。

猛男に挨拶もなしか。。

つらかろうて・・・

 

その時流れ星が・・・

みんなそれを目撃・・・優しい世界だな( ‘д‘⊂彡☆))Д´) パーン

 

 

砂の部屋を唐突に訪れる猛男。

普段とオーラが違う

 

菓子折りを出して猛男は言う

「おまえに頼みがある」

「なに?」

 

 

「キスさせてくれ」

「・・・は?」

 

凍りつく砂ww

 

「練習させてくれぇぇ!!」

「枕とかですれば・・・」

 

「もうやったぁぁぁぁ!!!」

クッソワロタwww

 

人間じゃないと距離感がわからないという猛男ww

 

「ほかでやってくれ」

「ほかでやったら大和に失礼だろう!!!」

 

やばすぎだろwwww

砂に迫る巨体www

 

「やめろ気持ち悪い・・・!」

「大丈夫だラップを持ってきた」

 

「やめろ生々しい!!」

 

迫る猛男ww

怖すぎるwwwww

野獣の眼光wwwww

 

「これを間に挟めば問題ない!!」

「大問題だ・・ぐふ!?」

 

無理やりラップで壁際に押さえ込まれる砂ww

脱出不可能www

 

「俺も覚悟を決めたんだ!!お前も男なら覚悟を決めろ!!」

「いや、絶対おかしいから・・・それ!」

 

迫る唇!!

逃げられない砂!!

 

「アッッーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!あっ・・・・

 

 

クッソワロタwwwww

てかこれファーストキスじゃねwwwお互いwwww

いやすぎだろwwww

 

■前回

■次回

 

■俺物語!!感想まとめ