読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アニメ&漫画感想ブログ

アニメと漫画の感想を書いていこうと思います!

俺物語!! 第10話「俺の山」 後編

アニメ

■前編はこちら

 

猛男は芝刈り機の如く茂みを刈りつつ前へ進む!

そしていつしか陽は沈み夜をむかえていた。

 

獣達の鳴き声。

女の子は若干不安を感じるだろうな。

 

足元が見えづらくなった猛男はここで野宿すると言い出す!

大和は顔真っ赤ww

 

 

猛男は木の葉を集め、その上にシートを被せ、即席のベッドをこさえた。

大和はここで寝てくれと猛男は言うが、もはや大和の耳には届いていなかったw

野宿で頭いっぱいすぎだろww

 

「大丈夫だぞ!俺が隣にいるからな!」

 

『きゃああああああ///』

もう完全にアウトだよww

 

いちいち興奮しすぎww

大和を蚊から守る猛男バリア怖すぎwww

千手観音かよwww

 

猛男は大和にまだ携帯は繋がらないか確認するが

どうやらまだ圏外のようだ。

 

時刻は19時03分・・・完全に夜だ。

相変わらず猛男バリアモードで蚊から大和を守ってるww

 

みんな心配しているだろうなと呟く猛男。

 

 

一方まだ女子会やってる大和友達ズに着信が。

知らない番号のようだ。

 

出てみると大和のお母さんからのようだ。

一緒にいないか、かけてきたようだ。

 

デートから帰らない=お泊まり

 

一瞬でこの方程式にたどり着く女子達。

とっさにいますと嘘をつくww

盛り上がる女子ズwww

 

くはーwこれが女の友情なのかw

 

今どうしてるかといわれ、お風呂と返す友達w

みんなも一緒にとまるんで大丈夫だと嘘を重ねるw

 

アリバイ報告を大和にかけるが当然通じないw

いちいちきゃーきゃーうるさいww

盛り上がりすぎだろww

 

砂なら何か知ってるかもと言い出すが、肝心の砂の番号を知らない面々。

仕方ないと、以前合コンで番号交換したアフロに電話をかけるw

 

舞い上がるアフロに大和と猛男がピクニックのあとどこに行ったのか聞くが

アフロの友達が騒いでて聞き取れないw

なんて?って言ってるうちに切られてしまうw

 

 

猛男の家でも話題には出るものの、心配ないと母ちゃんw

猛男の晩御飯コロッケだかメンチカツだか、半端ない量だw

 

その頃、砂はというと、まだ読書してたw三冊目だとw

 

 

そして猛男たちは、晩御飯を食べ終えていた。

 

「山の夜って真っ暗だね」

と、ちょっぴり不安そうな大和。

 

大和は手をつないでもいい?と恥ずかしそうに聞いた。

 

「おう!!」

 

だからそれww手を繋ぐってより握りつぶしてるからww

でもまぁ大和は相変わらずキャーキャー言ってるしいいのか。

 

そんな中、何者かの気配を察知した猛男!

いきなり立ち上がった!

 

どこのニュータイプだよww

 

なんとイノシシが猛男目掛けて突進してくるではないか!

コレを受け止めるやいなや、巴投げでイノシシは星の彼方へ・・・

 

イノシシは犠牲になったんや・・・

 

気を失いかける大和の両肩を抱き、

「大丈夫だ。ここにいるぞ」

と大和をそっと抱きしめる。

 

悶絶の大和w

月明かりが周りを照らし出す。

 

歩き疲れただろうと二人は横になる。

また悶絶する大和w

 

空を見てみろ。と猛男。

見上げるとまるでプラネタリウムのような満天の星空が広がっていた。

 

猛男は大丈夫か?不安じゃないか?と聞くが、うち大丈夫だよ~と答える大和。

かわいいなぁ。

 

「それに、うち・・・一生このまま山奥で二人きりでも幸せと思うんだぁ」

 

><。なんてこ!

一々悶絶すなww

 

しかし猛男はそんな話も聞かずすでにご就寝w

そりゃ色々疲れただろうw

 

眠ってる猛男に1人浮かれちゃってゴメンと謝る大和。

 

猛男くん・・・好き・・・だぁい好き・・・

 

そして悶絶ww

大和は猛男のほっぺたにそっとキスをする。

その瞬間!!

 

フンガ!!と寝息を荒げる猛男ww

 

もはや獣www

 

「おやすみ」

 

と囁き、大和も眠りについた。

 

翌朝・・・蚊に刺されまくってる猛男ww

かゆさに目を覚ますw

慌てて大和の安否を確認するが、そこには眠れる天使が一人可愛い寝息を立てていた。

 

寝顔を見て大興奮の猛男ww

このバカップルは反応が同じじゃないかww

 

そして目を覚ます大和。

寝ぼけ眼からの「おはよ」を食らった猛男ww

好きだ!しかでないのも無理はないw

 

伸びをする大和も可愛いw

って猛男www

 

なぜか猛男の周りに集まる小動物の群れw

獣と勘違いされているのか?ww

 

大和曰く猛男と一緒にいると安心するからという。

これには激しく同意ww

 

むしろ安心しかないw

 

二人は再び歩き始め、ついに車道に出ることに成功!

ケガはないかと聞く猛男。

どうやらケガはないが、蚊に刺されてしまったようだw

 

「守りきれなかったかぁぁぁ!!」

 

めちゃくちゃショック受け取るやんww

いい奴やわwww

 

一方の猛男はめちゃくちゃ刺されてるw

昔から蚊を集める体質なんだと猛男は言うw

 

「じゃあ、ウチに一匹おびきよせたから、猛男くんのダメージ一箇所減らせたね!やった!よかった!」

 

こんなん惚れてまうやろやわ!

 

二人は無事バスで帰路につく。

大和はうちに電話しなきゃとスマホを確認。

すると友達からメールが。

 

大和の親に上手く言っといたということと、

今日報告会よろしくというないようだw

 

地元駅についた二人は分かれることに。

大和はそのまま友達の家に行くという。

 

「どうした?」

猛男くんとずっと一緒に居たから離れるのちょっと寂しいな

 

ハイジwwwおんじwwペーターwwww

 

 

「またね!猛男くん

 

二人は名残惜しそうに分かれたw

 

その頃友達ズは全滅してたww

雑魚寝てwwみんな泊まっていったんかいww

 

そんな中着信が!

アフロ君だ。猛男と大和のことが気になったらしい。

するといいタイミングでチャイムが。

 

大和到着w

電話ほったらかしww

せめて切ってあげてww

 

友達ズは大和にゲス顔でどうだった?と聞くと・・・

 

「ちょっと・・・しぬかと思った」

 

と答える大和に完全に勘違いする友達ズだったwww

 

電話を切って話を聞く友達ズw

 

「ドキドキしすぎて心臓壊れちゃうかと思った」

キャー!!

 

「初めてだったし」

キャー!!

 

「ずっと外だったし」

キャー!!!

 

「でも、猛男くんだから安心できた

キャーーーー!!!

 

「イノシシとかでたけどぐっすり眠れた♪」

「!!?・・・てか泥んこじゃん!」

 

気づくのおそッww

遭難したことを初めて告げるw

 

一方家に到着した猛男w

相変わらず第一声は母ちゃん大丈夫か!?なんだよなぁ。

いい子だ。

 

「あんたどこいってたの?」

「山だ。心配したか?」

 

「いんや」

「それはよかった!」

 

どういうことなのwww

するとそこに大和からメールw

 

またラブラブメールかよwww( ‘д‘⊂彡☆))Д´) パーン

 

猛男は砂の部屋に乗り込んで、まだ寝てる砂をたたき起こすw

どうやら絵文字を教わりたいようだww

気持ちが言葉で言い表せないというw

てか今までそっけないメールだったのは絵文字の使い方知らなかったからなのかw

 

どんな気持ちか砂が聞くと

バーンとドーンと!とにかくなんとなくわかるけどww

顔芸やめてww

 

猛男興奮しすぎww

 

結論

猛男の気持ち絵文字にできないw

 

結局返信したのはいつもの

 

『俺もだ』

 

三文字とか男らしすぎるだろww

でもこれで十分伝わる大和。

マジ天使( ‘д‘⊂彡☆))Д´) パーン

 

■前回

 

■次回

 

■俺物語!!感想まとめ