読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アニメ&漫画感想ブログ

アニメと漫画の感想を書いていこうと思います!

血界戦線 #10「ラン!ランチ!!ラン!!!/to the end.」 後編

アニメ

■前編はこちら

 

クラウスとスティーブンに加えてエイブラムスの三人はどこかに向かっているようだ。

薄暗い廃墟?

誰かと密会でもするのだろうか。

 

待ち受けていたのは三人。

術士協会・・・通称レオス。

 

三人の中央にいる女・・・瞬間移動したぞ(((( ;゚д゚)))

なんか口調はかなり軽い女のようだけど、さすがNYの大崩落を止めた術士の一人という事か・・・

 

いつの間にか一人増えてる。

女・・・アンジェリカは男を先生と呼び、

エイブラムスは長老と呼んでいる。

 

そんな中、ダニエル警部補からスティーブンに電話が。

1000体のブツが解ったらしい。

よくわからんがとにかく頑丈とのこと。

ただ、どうやって一斉稼動させるのかが謎だという。

スティーブンはコチラでも調べてみると返答。

 

 

 

一方レオたちはまだ店探しを続けていたw

もう何十件と店をまわったようでぶっ倒れるレオww

いがみ合うザップとツェッドw

 

ついには食神を見てしまうレオw

これなんてトリコ?w

 

 

限界のレオはついにまともな店にw

運ばれてくる料理もまともだ!

しかし、いざたべようとしたその時!

 

店のガラスが何者かに破壊されるw

どうやらオーナーの浮気相手のようだww

修羅場がはじまったww

 

食事が喉を通らない三人ww

結局食べずに店をあとにする。。

 

 

次にやってきた場所は修羅場後だった。。

マフィアとの抗争あと・・・ちらばるしたいに血しぶきw

鍋には人の腕が・・・(((( ;゚д゚)))

 

 

チェインも捜査してるみたいだけどリトルアキバってww

 

 

レオは腹が減りすぎておかしくなってるwww

そこでレオのなじみの店にいくということで、話は冒頭にもどったとw

 

なるほどwレオが泣いてた理由はそういうことかw

 

 

ザップ、レオ、ツェッドのその後。

レギオカ千兄弟との戦闘後、一軒目のスシ屋にて昼食。

マグロにあたったザップが日帰り入院をキメるw

 

 

一方エイブラムスは長老たちレオスの面々と緑色のオーラに包まれた場所に来ていた。

長老が言うにはクラウスたちがブラッドブリードとドンパチやってた時、

ここにあった結界が壊れてしまったという。

 

クラウスたちのせいではなくあくまでも事故だというが

ちょっと気がかりがあるという。

 

それで呼んだという。

三年前長老たちが張った結界の中にひとつだけ所在不明のものがあるという。

担当した術士夫妻はしぼう・・・当事の状況は把握仕切れていないという。

ただ、そこから生きて戻った者がいる。

しんだ術士の子供達だと長老はいう。

 

一人は術士として今も教会に・・・

 

 

時を同じくして街をぶらつく絶望王。

そこで逃げている女の子とぶつかってしまう。

絶望王は彼女の腕を掴む。

 

彼女の顔にはアザが・・・

早く逃げないところされちゃうという彼女の腕を

ようやく離す絶望王。

 

すぐさま走り去る女の子。

路地裏からは彼女を追ってきた異形の者二人の姿が。

絶望王は彼らに近付きゲームをしようと持ちかける。

そっちが勝てばここをどくし、なんだったらあの女を捕まえてきてもいいという。

 

「俺がなんだか当ててみな。

 お前らは俺の名前を知ってるだろ?」

 

「知らねーよ!ばーか!!」

 

そういった瞬間異形の者は弾け飛んだ。

 

「お前はどーだ?俺が何だか当ててみろ

 万が一答えを間違えたらお前の魂もぶっ壊すぞ!」

 

と笑顔でいう絶望王・・・

 

 

一方レオとツェッドは病院に来ていた。

マグロにあたったザップを運んできたのかな。

 

そこでホワイトとばったり遭遇。

 

ツェッドと別れ、ホワイトとレオは教会へ。

 

 

ホワイトが教会の中に入るのは珍しいことだね、とレオはいう。

 

「ここは祈る人のためにある場所だから、

 私が居るのは不自然なのよ」

 

「それって君が幽霊なことと関係ある?」

 

「そーね・・・。でも今は少しだけ祈りたい気分だわ。

 あなたのために・・・」

 

とボソッというホワイト。

 

「嘘つくな!お前が祈りたいのはお前自身のために・・・だろ?

 この期に及んでまだ救われたがってるのかテメぇは!

 傲慢ってもんだぜ人間」

 

「ブラック・・・?」

 

「神々の義眼・・・あなたの、その眼私に頂戴」