読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アニメ&漫画感想ブログ

アニメと漫画の感想を書いていこうと思います!

ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース エジプト編 第47話「DIOの世界 その3」 後編

 

 

 

■前編はこちら

DIOは無数のナイフを取り出した!

これを見た承太郎は青ざめた!

 

野郎ォ!!何て事を思いつくんだ・・・!

コイツは、やばいぜ!!

 

承太郎は上空へ一気に飛び上がったが、DIOはザ・ワールドで時を止めた!

そして空中で静止する承太郎に近寄り、カウントダウンを始めた。

 

同時にザ・ワールドにナイフを投げさせ始めた!

投げたナイフは承太郎の目の前で動きを止める!

 

四方八方には無数のナイフが今にも襲い掛からんと空中で静止している。

いかにスタープラチナといえど、この数のナイフを全て叩き落すのは不可能!

 

「ふははは!見えてしまっていることが逆に恐怖だな!!承太郎ォーッ!!

 あと3秒・・・」

 

「オラァ!!」

 

スタープラチナの一撃で、目の前にあったナイフだけでも、

時が止まってるうちに弾き飛ばす承太郎。

 

「残りはあと2秒。それだけか?動けるのは。

 フフフ!やはり動けるのは一瞬だけということが証明されたなぁ。

 残り一秒・・・」

 

DIOを睨みつける承太郎。

 

「ゼロ」

 

時が動き出し、ナイフが承太郎目掛けて飛んでくる!!

出来る限りスタープラチナで叩き落したが、やはり全てを叩き落すことは出来なかった!

数本は承太郎の胸に突き刺さってしまった!

 

ダメ押しのもう一本をDIOが放つ!

これを弾いた承太郎だったが、これが額に突き刺さってしまう!

 

空中からまっさかさまに落ちていく承太郎!

DIOは完全に勝った気で居る!

 

だが承太郎はまだ生きていた!

脳天にナイフが刺さり、腕やら胸やら刺さってるのになぜ!?

 

なんと承太郎は飛び道具を警戒して、予め胸に雑誌を忍ばせていたのだ!

これのおかげで、ナイフは致命傷にならずにすんだようだが・・・・

頭のナイフどういうことなんだ・・・

 

確かに帽子越しだから、帽子の下に何か仕込んでるのかもしれないけど・・・。

 

承太郎はこのまましんだふりをして、チャンスを待つことに。

狙いは奴の頭・・・ただ一つ!

 

しかし用心深いDIOは、承太郎が本当にしんだのか確かめるために降りてきた!

 

どうやら念には念を・・・完全にトドメを刺すつもりのようだ!

近くにあった標識を切断し、これを使って承太郎の首を切断するつもりのようだ!

 

絶体絶命!!

 

「最期のとどめだ!!承太郎ォォオォ!!!」

 

そういって承太郎目掛けて飛び上がり、標識を振りかぶった、

その時だった!

 

DIOの背後にはポルナレフが!!

チャリオッツの刃がDIOの頭を貫いた!!

 

「くたばりやがれぇぇ!!DIOォオォォオオ!!」

 

しかしDIOは頭を貫かれてなお、ザ・ワールドで時を止め、

チャリオッツの突き刺さった剣先を抜き、

ポルナレフに一撃を見舞った!!

 

「時は動き出す」

 

その瞬間に吹き飛ぶポルナレフ!

DIOは

「あと一瞬ほんの少し力を込めて、脳組織をかき混ぜていたら勝てたのになぁ」

と言い放つ。

 

ポルナレフはDIOの一撃で気をうしなってしまう。

 

DIOは倒れたポルナレフにトドメを刺そうと向かっていく!

これはマズイ状況!

 

奴を倒すためには、しんだフリを続け、奴が近付いたところに一発ぶち込む奇襲しかもはや勝機はない。

しかし、このまま何もしなければポルナレフがころされてしまう!!

 

一体どうすれば・・・!!

 

「さよならだポルナレフ!!」

 

DIOが標識で首をはねようと振りかぶった瞬間だった!

承太郎は僅かに指を動かした。

 

これに勘付いたDIO!

すぐさまポルナレフの処刑をやめ、注意を承太郎へ向けた。

 

「承太郎・・・生きているな?・・・それとも息を吹き返したか・・・」

 

するとそこに二人の警察官が銃を構えてDIOの背後に!

これをザ・ワールドを使い、一瞬で警察の背後に回ると、一人を一瞬で葬り

もう一人の首に指を食い込ませ、承太郎を撃てと命令する。

 

拳銃は放たれ、承太郎の腹に命中!

・・・したかに思えたが、服の下でスタープラチナが弾丸をキャッチ。

肉体には当たっていない。

 

 

なんの反応も見せない承太郎にDIOは気のせいだったかとこれ以上の詮索をやめた。

・・・かに思ったが、全然そんなことはなかった。

承太郎の呼吸音を確認するDIO。

 

息を止め、これをやり過ごす承太郎。

続いて心臓の鼓動音を確認しはじめるDIOww

やばすぎるwww

 

承太郎は自分の心臓をスタープラチナで握り締め、鼓動をとめようとする!

 

 

く・・・こいつはキツイぜ・・・

このまま意識を失うとマジに逝っちまう・・・!!

笑い話にもならねぇ・・・

このままテメェのスタンドで心臓を止めてしんじまったら・・・

 

DIOは地面に耳をつけ鼓動音を確認するが、どうやら確認はできなかったようだ。

しかし、念には念を・・・DIOは承太郎の首をハネようと近付いてくる!

 

その瞬間、止まった心臓を勢いよくスタープラチナでマッサージする承太郎!

DIOはすでに標識を振りかぶっている!

 

そして承太郎の首目掛けて、勢いよく振り下ろされた標識!!

なんとか間一髪!!息を吹き返した承太郎は、標識をスタープラチナでガード!!

 

完全に油断していたDIOの頭部目掛けて、スタープラチナの一撃が走る!!

 

「オラァ!!」

「時よ止まれ!!ザ・ワールド!!」

 

しかし、遅かった!

タイミング的に時は止まったのかもしれない。

しかし、止まった時の中でも一瞬動けるスタープラチナ。

もはや時が止まろうが止まるまいが関係ないほどDIOとの距離縮まっていた!

 

頭を打ちぬかれたDIOはそのまま建物に突っ込んでいった!!

 

だが流石のDIO!まだしぶとく生きていた!

しかしダメージは甚大!

頭から血を吹いている!

 

おまけに脳の損傷からか、手足が自由に動かない!

頭痛を覚え、吐き気を催すDIOw

なんかちょっぴり可愛いぞ( ‘д‘⊂彡☆))Д´) パーン

 

そんな足腰立たないDIOにガソリンをぶちまける承太郎。

そしてライターに火をつける。

 

しかし不適な笑みを浮かべるDIO!

なんとザ・ワールドで時間を止め、はいつくばって、通りを走る車のところまでいこうというのだ!

 

そして車に捕まると、時を動かし逃走!

 

承太郎は自分の肩に刺さったナイフを抜き、車のタイヤ目掛けて

スタープラチナを使い投げた!

 

ナイフは見事命中!

道路を転げまわるDIO!

なんとかマンホールにつかまって勢いをころす!

 

マンホールを開け、逃げようとするDIOw

だが開けてびっくりw中には承太郎が待ち構えていたww

 

シュールww

 

「諦めるんだなDIO」

 

く・・・!と顔をゆがませるDIO!

 

「ザ・ワールド!!」

「オラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラ!!オラーーーーーーッ!!

 

いつものラッシュでDIOを遥か彼方にブチのめす承太郎!!

 

体中穴だらけで飛んでいくDIO!

 

「かかったなぁあああ承太郎ーー!!

 これが我が逃走経路だぁぁ!!

 貴様はこのDIOとの知恵比べに負けたのだァアア!!

 この通りに見覚えはないかぁぁああ!!」

 

吹き飛びながらよく喋るww

 

承太郎は辺りを見回し確認する!

 

「この通りは・・・!!まさか・・・!!」

「そうだ・・・ジョセフ・ジョースターの血を吸うための逃走経路だ!!」

 

「てめぇえええ・・・DIO!!!!」

 

ジョセフの血を吸い完全復活を遂げるDIO!!

どうなる!!?