読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アニメ&漫画感想ブログ

アニメと漫画の感想を書いていこうと思います!

俺物語!! 第12話「俺の偏差値」 後編

アニメ

■俺物語!!
第12話「俺の偏差値」

f:id:sarapan2014:20150525062432p:plain

■前編はこちら

 

夜中・・・

猛男の部屋に響くイビキw

そんな中、聞こえてくる水の音。

 

猛男が目を覚ますと、なぜか母ちゃんが雑巾しぼってたwww

クソワロタww

 

夜中にww

 

翌朝、剛田家に異変がww

あらゆるものが綺麗にw父親も母親もおしゃれしてるww

彼女がくるってんではりきってるのかww

 

ピンポーン

猛男じゃなくて母ちゃんが出るww

 

そして部屋に入ってみると

もはや別の部屋ww

 

猛男臭が消えてしまったw

 

 

 

二人とも気合を入れて勉強に励もうとしている!

「うち今から30分しゃべらない!」

 

とかクッソかわいいな( ‘д‘⊂彡☆))Д´) パーン

そんな中、ノックする音が。

 

猛男の父ちゃんが挨拶しにきたww

めっちゃ目キラキラしてるwww

父親さわやかだなw

 

 

「じゃあ、今から30分ね!」

と言った矢先に今度は母ちゃんがww

うるせええww

 

オイ母ちゃんwww

何お菓子と一緒に自分の湯のみもってきてんだよww

邪魔してやるなよww

空気よめよwww

 

猛男といつから付き合ってるの?

 

母ちゃん猛男に追い出されたw

ナイス猛男w

 

間髪いれず今度は父ちゃんww

コントかよww

しかもゴルフみない?ってみねぇよww

 

猛男げきおこwww

 

大和も気を使って親がゴルフ見てますとかいうもんだから

お父ちゃんビデオさがしにいっちゃったよww

 

代わりばんこで今度母ちゃんかよww

おちつかねぇww

 

ビデオじゃなくて雑誌かよww

猛男の怒りのボルテージが高まっていくぞww

 

結局二人揃って、砂の部屋に逃走w

 

夫婦漫才を聞かされる砂ってほんまなんというか

人間としての厚みがあるよね。

 

そうこうしてるうちについに猛男ダウン!

ここのところひっしに勉強してたのがたたったのか、

眠りについてしまったw

 

砂は猛男を寝せたままにしてお茶を淹れにいった。

大和は寝てる猛男に一緒の学校に行けなくてもずっと一緒にいたいともらした。

そしてそっと猛男の胸元に顔を寄せた。

 

狙ったかのようなタイミングで砂がドアをあけるww

「・・・」

黙って出て行く砂w

誤解だよーっと大和wくそかわいいw

 

そんなやり取りしてると猛男が目を覚ましたw

 

 

夕方・・・

明るいので一人で帰れるという大和。

猛男は砂の家で勉強を続けていた。

 

砂に大学に行くのか聞く猛男。

一応と答える砂。

 

猛男は今まで何も考えてこなかったという。

いや普通じゃね?高1から大学見据えて勉強するって・・・

めっちゃ頭いい高校とかなら普通なのかもだが・・・

 

砂も一緒の学校に行けたらいいなという猛男。

なんで?という砂に、そのほうが楽しいと思ってと答えた。

 

砂は猛男のレベルに合わせる気はないからすっごいがんばんないとな!と

笑顔でいったw

 

「勉強っていうのは人生を間違えないための知恵だから

 お前には必要ないんだろうな」

「なんでだ?」

 

「うん!わかんなくていい!

 お前なら紫藤受かるかもって気がしてきたわ!」

「ほんとうかぁぁぁ!!」

 

 

難しいことはわかんねぇけど

俺は勉強が得意じゃないが

みんなで笑えるんだったらよぉ

 

このくらいの苦手はなんとかしてぇなぁ

 

 

そして試験当日!

 

猛男!

「話しかけるな!覚えた事が脳みそから毀れそうだ!」

 

「前」

ガンッ!

 

猛男は思い切り柱に激突ww

柱にヒビwwやべぇww

 

大和におちついてといわれる!

ガンバレ猛男!

 

そして試験は始まった!

 

猛男は問題をすらすら解けていく!

勉強の成果が出たのだ!

 

しかしここで痛恨のミス!!

解答欄をずらすという大ポカをやらかしたww

 

ひっしに消して最後まで諦めない姿勢をみせる猛男!

 

なんとか時間ギリギリまで書き直したがどこまでやれたか。

砂と大和は本番じゃなくてよかったねと励ます。

 

 

そして結果がでた。。。

 

第一志望 紫藤大学 ×判定不可能

第二志望 蒼紅大学 D

第三志望 松茶大学 D

 

判定不可能てww(((( ;゚д゚)))

 

落ち込みモードで大和に電話する猛男w

紫藤がだめだったことを伝えると、大和も全然だめだったと答えた。

やっぱそうとうレベル高いのかな。

 

そんな中、白桃大なら頑張ればふたりでいけるかもと大和はいう。

だからその辺りを一緒にがんばろうという。

 

猛男は紫藤はいいのか?と聞くと、あれはいいのと大和。

あそこには絶対猛男とは一緒にいけないという。

 

なぜなら女子大だからというww

 

「なんか猛男君ならいけちゃう気がしちゃったんだけど

 やっぱ無理だよねw」

 

「騙したなすなあああああああああ」

「あっはっはっははw」

 

 

いい世界だ(´・ω・`)

 

 

■前回

 

■次回

 

■俺物語!!感想まとめ