読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アニメ&漫画感想ブログ

アニメと漫画の感想を書いていこうと思います!

俺物語!! 第14話「俺のジンクス」 後編

■俺物語!!
第14話「俺のジンクス」

f:id:sarapan2014:20150430064131p:plain

織田は何とか大和と砂をごまかしごまかし、時間を稼ぐ。

一方で猛男とお姉さんはフリーフォールのアトラクションに挑戦してたw

 

グロッキーになるお姉さんw

猛男は高いところから辺りを一望し、大和たちを探してたww

もはや人間じゃネェww

 

メルヘンゾーンにいないことを確認した猛男

すると、またもメールが。

なんでもフューチャーゾーンにいるとか。

 

どうせこれもウソなんだろ( ‘д‘⊂彡☆))Д´) パーン

織田に振り回されるみんな。

 

まぁそれに気づいてるのはお姉さんだけなんだけどね。

お姉さんはそこを動くなメールを送るが、

実際はリゾートゾーンに到着してる( ‘д‘⊂彡☆))Д´) パーン

 

まったくこのクソ織田。

大和がかわいそうだろ!

 

しかももう14時・・・

 

猛男の歩幅に走ってついてくるお姉さん。

かなりへとへとだ。

それに気づいた猛男はお姉さんを気遣い、ゆっくりした乗り物にでも乗ろうという。

 

お姉さんは早く大和さんと合流しないと、というが猛男は大丈夫だという。

 

コーヒーカップに乗る2人w

距離が近いため、完全に舞い上がるお姉さんw

 

猛男は今度はなにやらドームのアトラクションにお姉さんを誘う。

大和さんはいいの?と聞くお姉さんに、猛男はもういいんだと答える。

キラキラパレードに間に合えばそれでいいと、お姉さんと楽しむようだ。

 

一方の織田は大和と砂と空中を回転するアトラクションに乗っていた。

大和はずっと猛男を探してるようだ。

 

「ごめんね・・・」と呟く織田。

 

 

一方、猛男とお姉さんは3Dメガネをかけて、

迫り来る恐竜アトラクションを楽しんでいた。

 

「あぶない!」

 

とお姉さんを守る猛男の背中を見たお姉さん・・・完全に恋する乙女だわ。

 

 

あっという間に夕暮れ時。

泣き叫ぶ迷子を抱え上げ、お母さんに見つけてもらう猛男。

 

優しい男だ。

昔は迷子になってた猛男が今では迷子を助けちゃう。

成長した猛男を微笑ましく思う、お姉さんは猛男にふと昔の話を切り出した。

 

それは花屋の話・・・

猛男に恋をしたきっかけでもあるエピソード。

 

男子から、背がたかいことでからかわれていたときに、

猛男は花屋のキレイな花をお姉さんみたいだといった事があった。

 

それを覚えている?と聞くお姉さん。

しかし、猛男は忘れてしまったようだ。

 

なにげにショックを受けるお姉さん・・・。

 

「姉さん、疲れたら言ってくれ。俺は言われねぇとわかんねぇから」

「わかってるよ」と笑顔を見せるお姉さん。

 

するとふと立ち止まる猛男。

 

「子供のとき、なんていったか覚えてないけど・・・

 あの花が姉さんっぽいっすよ」

 

と、花屋にあった花をさして言った。

これにキュンとするお姉さん。

 

「同じ花だよ・・・かわんないね猛男

 

潤んだ瞳で猛男を見つめるお姉さん。

織田の言葉が脳裏によぎる・・・もし自分の気持ちを知ったら・・・

どういう反応を見せるのだろう・・・。

 

・・・・・

・・・

 

そんな展開になってるとも知らない織田。

お姉さんからの返信がないことが気になってる様子。

 

もしかして本当に告白を・・・?

織田は急に慌てだし、砂と大和に手分けして探すよう言うと、

自ら走り出した。

 

てか、2人携帯もってないだろ・・・やべぇよ・・・

 

・・・・

・・

居酒屋の真実

僕はてっきり織田がお姉さんに催眠術かけて好きな人を探ったのかと思ったら

違うのね。別の学生が催眠術かけて、

聞きだしてたところを止めたのが織田だったんだ。 

 

なに、ここに来て、株あげにきてるの?(((( ;゚д゚)))

 

・・・

・・・・

 

 

すっかり陽も落ちて、そんな中見つめあう猛男とお姉さん。

お姉さんはついに自分の気持ちを打ち明けようとしていた!

 

しかしその時だった!

場内アナウンスがキラキラパレードの案内を告げ始め、

完全にタイミングを失ったお姉さん。

 

すぐさま話題をキラキラパレードに移し、大和とみなきゃと猛男を急かせる。

携帯が使えない猛男に自分で探して来るんだよ!と発破をかけるお姉さん!

 

猛男は大和を探しに駆け出した!

猛男の後姿に当事の面影を見るお姉さん。

 

すると猛男が立ち止まってふり向いた。

 

お姉さんは思わず

「浮気すんなよぉー!」っと声をかけた。

 

「おう!」といって、再び走り出す猛男。。

 

 

せつねぇ・・・・

 

するとそこに織田到着。

「浮気すんなよーってなんすか。。」と落ち込む織田。

「織田・・・私、一生猛男に告白しない。

 私、姉さん、姉さんってアホみたいに笑ってくる猛男が好きだからさ」

 

と笑顔で言った。

もう吹っ切れたというのだろうか?

 

そこに大和がやってきた。

すぐに大和を探しに行った猛男を追いかけるよう言うお姉さん。

 

「でも猛男君と2人でパレード見たらジンクスが・・・」

「ジンクスは信じなくてよし!!

 猛男を信じる!大丈夫だから!」

 

やべぇ・・・・うるっときちまった。。

 

大和は反省し通しw

いいから行きなさいとお姉さんw

 

そんなお姉さんに日頃の感謝を込めてケーキを渡す大和。

そのまま猛男を探しに走っていった。

 

残されたお姉さんと織田は大和さんに貰ったケーキを食べる事に。

 

「・・・あの2人会えるかな」

「大丈夫でしょ。本当に大事なものって、なんでか何回も見つかりますよ。

 探してるのは猛男君だけじゃないし

 

・・・・

・・・

 

人ごみの中、大和を探す猛男!

なんとついに見つけ出した!

 

視線が合う二人!

大和は猛男の胸に飛び込んだ。

 

大きいから見つけられたという大和。

大きいからよかったと答える猛男。

 

「でもウチ、会える気がしたんだよ?」

「会えると思えば会えるんだ!」

 

くそおおおおお( ‘д‘⊂彡☆))Д´) パーン

orz

 

手を繋ぐ2人。

そしてキラキラパレードを2人でみる。

 

ジンクスなど気にしないと大和。

 

パレードが見えないと、猛男の後ろで駄々をこねる子供の声を聞いた猛男は

その場に屈んだ。

 

すると、視線の高さが大和と同じになった。

これはあれですね

 

キス

 

ですね!!

 

しかし2人の間に砂の姿がwwww

 

「なんかいつも間が悪くてごめんね。

 俺パレード見てるから気にしないで続けて」

 

続けられるかwww

くっそwww

でも砂っぺえwww

 

織田はまた深夜バス満席で帰れないことにw

ということで猛男の家に厄介になることにw

 

織田は落ちるのを待つのではなくお姉さんを落としに行く事を決めたようだw

しっかし猛男www寝顔超きめぇwww

どうなってんのその顔wwww

 

やばすぎでしょwww

 

寝言でお姉さんのエピソードを一つ織田にきかせる猛男w

なんでもパジャマ姿のお姉さんにドキドキしたとかw

 

で、この話を翌日お姉さんに話す織田w

「私に・・・ドキドキしてた・・・」

 

まぁた可愛い顔するお姉さんw

これぜったい諦め切れてないだろw

いやはや相変わらず優しい世界だ。

 

■前回

■次回

 

 

■俺物語!!感想まとめ