読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アニメ&漫画感想ブログ

アニメと漫画の感想を書いていこうと思います!

【漫画レビュー】ブラッククローバー ページ3 魔法帝への道【週刊少年ジャンプ14号】

■ブラッククローバー
ページ3 魔法帝への道

f:id:sarapan2014:20150507130753p:plain

アスタは無事勝利を収め、ユノもまた、勝利を手にした。
そしていよいよ試験結果。

 

入団を望む騎士団長は挙手をし、複数いる場合は受験者が入りたい騎士団を選ぶ形。
入団を望む騎士団が無い場合は失格となる。

 

ユノは当然の如く、全騎士団から指名を受ける。

当然一番魔法帝に近い道である、金色の夜明け団に入団することを宣言した。

 

 

一方アスタは、こちらも当然の如く誰も挙手しなかった。
いくら高い戦闘力を持とうが、決め手になるのはやはり魔力!

 

それを見せ付けるかのごとく圧倒的魔力を放つ黒の暴牛の騎士団長はアスタに問う。
魔力を持たぬお前が俺を前にしてでも、まだ魔法帝になるなどと口にできるのかと。

 

アスタはこれでダメでも、なんどコケても、誰に何と言われようとも
決して魔法帝を諦めない!と宣言!

 

この一言が団長に気に入られ、アスタは黒の暴牛に入団が決まった!
しかし、黒の暴牛は問題児ばかりの騎士団だった!!

 

■前回

 

■次回

 

■ブラッククローバー感想まとめ