読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アニメ&漫画感想ブログ

アニメと漫画の感想を書いていこうと思います!

【漫画レビュー】ブラッククローバー ページ4 黒の暴牛【週刊少年ジャンプ15号】

■ブラッククローバー
ページ4 黒の暴牛

f:id:sarapan2014:20150427155400p:plain

黒の暴牛自由すぎってか個性強いメンバーしかいないなw
でもみんないい奴そうだ!


黒の暴牛が一人、マグナ・スウィングの洗礼の儀がいきなり始まった。

 

彼の魔法を防ぐか避けるかできれば入団を認め、ローブをくれるという。
アスタは今までの経験上、魔法が相手であれば勝つ自信があった。
あの大剣はどんな魔法も破ることができるからだ。

 

しかし、それは甘かった。
マグナの火球魔法は超高速でアスタへ向かっていった!
アスタはその瞬間「し」を連想した。

 

この速さには剣速が追いつかない。
仮に火球を斬ったとしても、切れた傍らが自身を直撃する。
そう悟りながらも、体は超反応していた。


剣の腹で防ぐという選択肢!
もちろん狙ってやったわけではないが、うまく魔法を防ぐことができた!
いや、防ぐどころか魔力を跳ね返したのだ!

 

これでアスタは黒の暴牛として認められた!
だが、謎の少女はアスタを認めていないようだ!

 

■前回

 

■次回

 

■ブラッククローバー感想まとめ