読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アニメ&漫画感想ブログ

アニメと漫画の感想を書いていこうと思います!

【アニメ感想】フランダースの犬 第36話「アロアのくすり」

 ■フランダースの犬
第36話「アロアのくすり」

f:id:sarapan2014:20150423113159p:plain

アロアがイギリスから帰ってきた。

しかし、帰ってきた理由は病気になったためだった・・・。

ネロはアロアの病気がかなり心配なようだ。

 

おじいさんは薬草を選り分けていた。

ネロはその薬草をアロアに飲ませたらどうかというが、

おじいさんはアロアの病気の名前は何かとネロに尋ねる。

 

いかにおじいさんの薬草といえど、万能薬ではないからね。

病状によっては効果がなかったり、かえってよくないものもあるかもしれないからね。

 

・・・・・

・・・

 

翌朝・・・アロアはバートラント先生の所でうなされていた。

アロアの傍で心配する両親・・・

どうやらアロアは故郷の村の風車やネロの事を夢に見ているようだ。

 

見かねたバートラント先生は明日、アロアを村に帰す提案をする。

先生曰く、イギリスでのストレスがたまりに溜まって、この有様だという。

それを解消するには故郷の空気を吸わせてやるのが何よりの薬だという。

 

バートラント先生はネロの描いた村の風車の絵をいたく気に入ったようで、

毎日の問診を兼ねて、自身も見てみたいという。

 

・・・・・

・・・

 

アントワープの街でジョルジュとポールに遭遇したネロは、

アロアが今日村に帰るという話を聞いて喜ぶ!

 

しかし、ジョルジュが言うには、喜んでばかりはいられないようだ。

病人が帰宅する理由としては二つあるという。

1つは病気が完治したとき。

そしてもう1つは病気が治らないと解った時・・・

最期の時くらい、自分の過ごしたところで過ごさせる・・・

そういう意味だというのだ。

 

 

これを聞いたネロはいてもたってもいられなくなり、バートラント先生の家に走る!

だが、先生は既にアロアと共に村へ発ったと、お手伝いさんが教えてくれた。

病名を聞くネロだったが、解らないという。

ただ、夕方になると高熱がでるらしい。

 

・・・・・

・・・

 

アロアの家に薬草を持って行ったネロだったが、

家の前でクソハンスに遭遇。

相変わらずイヤミを言わずにはいられない!

 

そんな薬草で病気が治るか!と言い放つ!

ネロは奥様に渡してほしいとハンスに薬草を手渡すが、

なんとこのクソハンスはネロの薬草を放り投げた!!

 

こいつ大人げないにもほどがあるだろ・・・

ハンスがアロアの家に入って行ってしまった・・・・

これでは訪ねづらいわ・・・

 

・・・・

・・

 

「バカモンがぁ!!!」

 

ハンスざまぁwww

バートラント先生がめっちゃ怒ってるw

アロアの病気にはネロのような優しさが一番だというのに、

このクソハンスは!!

 

めちゃめちゃ叱られるハンスww

ざまぁみやがれ!!

 

奥様は、ネロに会いに家を飛び出した。

 

・・・・

・・

 

無事ネロに遭遇した奥さんはネロから薬草を受け取り、

アロアにのませることを約束した。

ネロは、ぱぁっと明るく笑顔になると、パトラッシュと家に帰って行った。

 

 

ネロがクロに晩御飯を与えているとクロが騒ぎ出した。

後ろを振り返ると、そこにはアンドレがいた。

 

どうやらバートラント先生がネロを呼んでいる事を伝えに来てくれたようだ。

おじいさんはすぐに行ってあげなさいというと、

ネロは待ち合わせの場所、大きな木の下に向かった。

 

 

先生と会い、話を聞くネロ。

バートラント先生が言うには、アロアにとっての一番の薬はネロだという。

ネロがアロアを見舞う事が快復へ大きな効果があるという。

 

先生は毎日会いに行ってやってくれと言うが、ネロの顔は曇る。

ネロとアロアが会う事を嫌うコゼツの事が気になっているようだ。

 

そこでコゼツがいない、明後日に会いに行ってこればいいというが、

ネロは拒否する。

コソコソ会いたくないというのだ。

流石ネロ!マジメや!

 

頑ななネロを説得するバートラント先生。

まずは何をおいてもアロアの回復のために尽力しなさい。

そう言われ、ネロも納得し、会いに行く事を決める。

 

・・・・

・・

 

そして会いに行く当日。

ネロは綺麗な花を摘んでいた。

そこにジョルジュとポールがやってきた!

 

どうやらお見舞いを渡してほしいというのだ。

ジョルジュから箱を受け取ったネロは渡すことを約束した!

 

・・・・

・・

 

ネロは堂々とアロアに会いに行く。

奥さんが出てきて、ネロを招き入れる。

 

するとアロアが二階の自室に来ないでといった。

ネロを待たせ、二階に様子を見に行く奥さん。

 

どうやらアロアは普段着に着がえて降りてくるつもりのようだ。

そしてゆっくりと降りてくるアロア。

 

本当に久々に近い距離で会う二人。

アロアはどうしても寝床で挨拶がしたくなかったというのだ。

 

ネロはジョルジュとポールのお見舞いと、自身のお見舞いの花を手渡した。

ジョルジュたちのお見舞いは卵だったw

 

アロアはネロの花に大変喜んでいた。

そしていきなり外に遊びに行こうという。

 

無理をさせたくない奥様だったが、アロアの押しに負け、みんなで外へ。

久々のパトラッシュとの再会に喜ぶアロア。

 

これで元気になって貰えれば最高だなぁ。

 

アロアはもう何処にも行きたくない、ずっとこの村で両親やネロたちと

一緒にいたいと泣き出した。

奥さんもアロアを抱きしめ、もうどこにもやらないと約束するのであった。

 

アロアは家まで競争と駆け出した!

やはりストレスからくる病気だったのか、すっかり元気だ!

 

奥様はネロとアロアがずっとこのまま、生きて行ってくれる事を願うのだった。