読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アニメ&漫画感想ブログ

アニメと漫画の感想を書いていこうと思います!

【アニメ感想】フランダースの犬 第41話「なつかしい長い道」

 ■フランダースの犬
第41話「なつかしい長い道」

f:id:sarapan2014:20150424114429p:plain

先週に引き続き辛すぎる・・・

ネロのコンクールのために、パネルを買うお金を稼ぐおじいさん。

その結果、パネルは買えたが、無理がたたって倒れてしまった。

 

ネロはひっしにおじいさんの看病をする。

朝からはパトラッシュと二人で牛乳運び・・・

 

アントワープへの道すがらも、ネロはおじいさんが心配で心配で仕方がない様子だ。

仕事を済ませ、アントワープの大聖堂でマリア様の絵に祈りを捧げるネロ。

おじいさんが一日も早く回復しますように・・・。

 

しかし、ネロの願いは届かないかもしれない。

おじいさんは今回はいつもの発作ではない事を感じていたのだ。

もう長くない・・・そういうことなのだろうか。

 

教会を出たところでミッシェルおじさんに遭遇。

おじいさんの具合が悪い事を知らされ、彼も気が気ではないようだ。

 

それから数日・・・

おじいさんは大分具合がよくなったのか、起き上がれるようになった。

それでも、まだ病み上がりのおじいさんを心配して、

ネロはパトラッシュと共に牛乳運びには同行させないでいた。

 

アントワープから戻る途中、ジョルジュとポールに出会ったネロ。

彼らはいいニュースがあると言うが、ネロはおじいさんが心配だといい、

村へと急ぐ。

 

ちなみにジョルジュの話とは、港にでっかい船が来てたと言う話だ。

ネロのコンクールの題材にいいのでは?とのことだったが、

おじいさんが大変と聞いてしょうがないなとそれ以上ネロを引き留めはしなかった。

 

ジョルジュは何かあれば、なんでも言ってくれという。

ホントいい友達だよなぁ。

 

 

・・・・・

・・・

 

一方おじいさんは薪割をしていた!

これをみたミッシェルおじさんはすぐにやめさせ、

おじいさんをベッドに寝かせた。

 

無理をするなというミッシェルおじさん。

しかし、おじいさんは自分が生きている間にネロに夢を叶えさせてやりたいと

家事周りをこなしていたようだ・・・

 

今は牛乳運びを終えた後に家事をして、絵を描く時間もとれてないようだからなぁ。

 

ミッシェルおじさんは、なおの事早く元気になることが大事だと説得する。

 

・・・・

・・

 

アントワープからの帰り道。

アロアと奥さんに遭遇するネロ。

おじいさんの事を聞いて心配になったようだ。

 

残念ながらアロアの学校の先生が来るらしく、お見舞いにはいけないようだが、

代わりに小包を渡す奥さん。

ネロは受け取るのを躊躇うも、アロアはこないだのお礼だといい、

ネロもこれを受け取った。

 

 

そして翌日・・・

おじいさんはネロと一緒に牛乳運びに行くと言い出した。

ネロは渋々同行を許す・・・。

おじいさんはいつもの長い道が美しく見えるという。。

 

アントワープについて、大聖堂でお祈りする二人。

お互いがお互いの事を祈るのだった。

 

その帰り道、おじいさんは自分で少しだけ台車を運びたいと言い出す。

どうやらネロが小さい時、台車に乗せて歩いていた事を思い出しているようだ。

とても楽しそうなおじいさん・・・。

 

もう辛いよ・・・。

 

村に戻ると、地面に書かれた石けりの輪を見つけたおじいさんは、

ネロと共に石けりをして遊ぶ・・・。

 

おじいさんはもう長くない事を悟ったようだ。

ネロはそんな事・・・まるで気づかない・・・

 

つらいぉ。。。