読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アニメ&漫画感想ブログ

アニメと漫画の感想を書いていこうと思います!

【アニメ感想】機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ #6「彼等について」

■機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ

#6「彼等について」

f:id:sarapan2014:20150423163736p:plain

ギャラルホルンは鉄華団を追わないようだ。

彼らから送られたトドつきメッセージ。

あれで、あの船には確かに藍那が乗っていることがわかった。

となれば、いずれ地球航路に乗ることになる。

 

いずれ再会の機会はあるということか。

 

・・・・・

・・・

 

一方ガンダムの整備に手を焼く面々。

厄災戦のモビルスーツの知識はとうに捨てられてしまったのか。

元々モビルワーカー専門のおっちゃんにはバルバトスの整備は難しいようだ。

 

それにしても72体のガンダムって((((;゜Д゜)))

厄災戦時にはそれだけいたってこと?

それってνガンダムとかそういうのを言ってるのかな?

 

それともほんとにオリジナルの72体なのか・・・

全部は出ないにしても、今後絶対出てきそうだよなぁ。

 

 

・・・・

・・・・・・

 

三日月といちゃつくアトラオラ! ( °▽°)=◯)`ν°)・;'.、

 

一方大人たちは今後の後ろ盾を考えていた。

案内役はどうしても必要なようだな。

そこでオルガが考えたのがテイワズという木星圏を拠点とする複合企業という。

その実態はマフィアだとか。

 

しかし、どうやってテイワズと渡りをとるのか・・・

だが、こうなった以上選択肢はない・・・オルガたちは木星を目指すことに。

そんな中、フミタンがオペレーターとして才能を見せるw

いいオペレーターが鉄華団に加入w

 

ふみたんかわいいなふみたん。

 

・・・・・・

・・・

 

一方藍那は三日月とアトラと共に食事を配りに行く事に。

ほんとに子供しかいないなぁ。

公式ガチムチの昭弘wwおまえいっつもトレーニングしてるなぁ。

 

 

流れから藍那の地球行きの目的を説明される三日月とアトラ。

藍那の目的は火星の経済的独立を勝ち取ること・・・か。

簡単にはいかないだろうな(´・ω・`)がんばって。

 

三日月が字が読めない事を知った藍那は読み書きを覚えないかと持ちかける。

読み書きが出来ない子供たちも集まってきて、みんな一緒に勉強をすることに。

 

ギャラルホルンのコーラルをクソよばわりするマフィアみたいな男。

こいつがテイワズの親玉なの?鉄華団をやたら褒めてたけど・・・

 

 

一方アインから敵のガンダムの実力について聞くマクギリス。

よっぽど気にしてるようだなぁ(´・ω・`)

マクギリスが仮面の男になるのかな?

 

・・・・・

・・・

 

オルガと話すビスケット。

ビスケットは今回テイワズと組むのは難しいんじゃないかと思っているようだ。

身の丈にあった仕事をしようというが、オルガに変更はないようだ。

三日月の目は裏切れない・・・そういった。

 

 

・・・・

・・

 

三日月と話すオルガ。

彼が読み書きをする理由はいくつかあるけど、

いつか農業をするのが夢なんだな。

 

なんか彼らの過去やビジョンが垣間見える一話だったな。

 

 

そして鉄華団の船に社長から連絡が!

船を返せと怒鳴ってる((((;゜Д゜)))

 

 

■前回

 

■次回

 

■機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ感想まとめ