読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アニメ&漫画感想ブログ

アニメと漫画の感想を書いていこうと思います!

【アニメ感想】ワールドトリガー 第55話「デッド・オア・アライブ」

■ワールドトリガー
第55話「デッド・オア・アライブ」

f:id:sarapan2014:20150427162051p:plain

ようやくヘリで現場に到着した救援部隊!

嵐山隊の嵐山・佐鳥・時枝に加え荒船隊の荒船に鈴鳴第一の村上も一緒だ!

しかし状況は最悪。

 

広域爆撃を目的としたトリオン兵が民間フェリーと共に街に向かう最中、

捕らわれた修とゼノ。

果たして二人を救出し、街に被害を出すことなく敵を制圧する事はできるのか!?

 

・・・・・

・・・

 

一方捕らわれの身になった修とゼノは焦っていた。

脱出不可能なこの状況・・・修は千佳の事を心配していた。

同様にゼノもリリスを心配する。

 

ゼノにとってリリスの存在が全てだという。

一体二人はどういう関係なのか。

 

修は千佳の事をゼノに話して聞かせた。

しかしゼノは「そんな話を聞かせて同情すると思ったか」と、そっけない態度だ。

もちろん修にはそんなつもりはなかった。

ゼノが単なるトリオン供給源としか見ていない千佳という人間が、

どういう人間か知ってほしかったのだ。

 

そんな中、修に通信が入る。

無事を確認できた他、トリオンリフレクターの存在、

それを機能させるトリオンの供給源がフェリーの乗客だということを

外部の隊員に知らせる事が出来た。

 

船に手出しは出来ない状況を朗報だという嵐山。

乗客を供給源として扱っているのであれば、少なくとも船を破壊することも、

乗客をころすということも考えていないということ。

 

あくまでも爆破までは・・・ということだが、しばらくは大丈夫だということか。

船に降り立った荒船と佐鳥以外の隊員たち。

 

簡単に乗船を許したのは船上で排除する自信の表れか?

続々と現れる敵トリオン兵!

 

「新型を排除し、乗客の安全を確保する!」

嵐山の指示が飛ぶ!

 

 

敵トリオン兵は上空からも降ってくる!

巨大な空母的なトリオン兵から排出されている!

これではいくら倒してもキリがない!

 

この事態に飛び出したのはヘリに残っていた荒船だ!

スナイパーである荒船だが、アタッカーとしての実力も折り紙つき!

剣を手に、空に飛び出し、大型空母のトリオン兵を斬り伏せる!!

 

さらに佐鳥の援護射撃で見事仕留めた!!

荒船はそのまま船上に降り立ち、残りのトリオン兵を掃討する!

 

 

しかしギーヴも、やられっぱなしではないようだ。

何やら操作をして新型トリオン兵の強化を図る!!

 

トリオン兵の目が赤くなり、戦闘能力が飛躍的にあがる!

順調に戦っていた木虎・時枝を吹き飛ばした!!

 

強化されたトリオン兵に苦戦する面々・・・

ついには巨大トリオン兵の自爆により街に被害が生じるデッドラインを

超えてしまった!

 

 

 

一方、囚われの修とゼノはまた言い合いだ(´・ω・`) 

 

リリスの命とあかの他人の命を天秤にかけるならば、

迷わずリリスを選ぶと言うゼノに対し、修はどちらも助かる道を模索するという。

 

実に修らしい答えだ。

 

修はゼノから聞いたトリオンリフレクターの特徴から糸口を見つける!

シールドの強化版・・・それならばシールド同様に、広げてやれば脆くなるのでは?

 

すぐに察しがついた面々は、わざとトリオンリフレクターに捕らわれた。

そして合図で一斉に攻撃!!

 

多方面にトリオンリフレクターを使ったために、

予想通り、かなり脆くなっていたようだ。

ゼノと修も無事に脱出成功!船上に着地した!

 

修たちは嵐山の指示の元、トリオン供給装置を探す!

途中捕らわれた乗客を見つけるが、それは後回しにするようだ。

そして、中枢部にトリオン供給装置を発見!

 

そこには巨大なトリオン兵が待ち構えていた!

腹には人間を捕らえている!

ゼノは構わず攻撃しようとするが、修はそれを阻止する!

 

しかし、その結果、修は敵の攻撃をもろに受け、

トリオン切れを起こし、換装が解けてしまう。

三門市でしかベイルアウトは使えない・・・

 

生身となった修が攻撃を食らえばタダではすまない!

ゼノは、すぐさま敵を自身のトリオン兵で撃破し、供給装置も破壊した!

敵が捕らえてた人間も無事だ!

やればできるじゃないか!

 

ギーヴはこの事態に巨大トリオン兵を浮上させ爆破させようとする!!

敵の浮上に揺れるフェリー!

ゼノは海に落ちてしまう!

 

修はすぐに飛び込み、ゼノを助ける!

すぐに浮き輪が投げ込まれ事無く終えた。

だが、このままでは敵が自爆するのも時間の問題・・・

 

修はゼノに取引を持ちかける。

必ず助ける・・・だから千佳を解放してくれと・・・。

 

ゼノはこれを飲み、千佳の首筋についていたトリオン兵を消した。

そして修は千佳に指示を出す!

巨砲で敵を撃ちぬけと!!

 

千佳は言われるまま、敵を撃退!!

事件は無事解決された!

 

ゼノと修の距離も少し近づいたようだ!

 

■前回

 

■次回

 

 

■ワールドトリガー感想まとめ