読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アニメ&漫画感想ブログ

アニメと漫画の感想を書いていこうと思います!

【アニメ感想】フランダースの犬 第45話「ひとりぼっちのネロ」

アニメ

 ■フランダースの犬
第45話「ひとりぼっちのネロ」

f:id:sarapan2014:20150424114429p:plain

おじいさんを失い一人ぼっちになってしまったネロ。

想えば想うほど・・・悲しみがネロを襲う。

悲しみに暮れるネロを心配するパトラッシュ。

 

ネロに忘れさせたいのか仕事の準備をするパトラッシュ。

納屋から荷車を出してきて、仕事に行こうというのだ。

1缶だけの牛乳をアントワープまで運ぶ・・・

 

牛乳を頼むおじさんも心苦しそうにネロを見る。

亡くなったばかりだというのに・・・・。

 

いつもおじいさんと歩んだアントワープへの道。

もう二度とおじいさんとは歩けない道・・・

ネロは辛そうだ。

 

・・・・・・

・・・・

 

アントワープでジョルジュとポールが遊んでいるとネロの荷車を見つけた。

パトラッシュは教会の入り口の前に座っている。

すぐに駆け寄ってくる二人。

 

ネロは教会で祈りを捧げていたようだ。

出て来たところを遊びに誘うジョルジュだったが、

ネロは黙って二人の間を通り過ぎる。

 

二人はネロの様子がおかしい事に気づき、追いかけておじいさんの体の具合を心配する。

ネロは・・・「ジョルジュ・・・」と一言つぶやいた。

 

ネロの表情からジョルジュは全てを察したようだ。

事実を知ったジョルジュとポール。

 

ポールは号泣だ・・・

ジョルジュは一番つらいネロが我慢しているのにワンワン泣くなとポールを責めるが

ジョルジュも泣くのを我慢できず号泣・・・

 

・・・・・・

・・・

 

ネロを励ますジョルジュとポール。。。

どうやらジョルジュはネロに伝えなきゃいけないことがあったようだが

あの雰囲気では言えなかったという。

 

村に戻ったネロは花を摘んだ・・・。

 

 

一方アロアも悲しみに暮れていた。

みんなに優しかったおじいさんだもんな・・・

 

 

村の教会の墓地にいくと、そこにはおじいさんの墓の前で祈るアロアの姿が・・・

ネロはおじいさんに語りかけ涙するアロアを目にし、声をかける。

 

それにしても墓すらも普通の墓じゃない・・・

村人で墓ぐらいどうにかならなかったのか・・・。

 

 

・・・・・

・・・

 

帰宅するネロ。

「ただいま・・・・」

 

家の中の至る所におじいさんの思い出を浮かべるネロ。

涙を流してしまう・・・・・゜・(つД`)・゜・

 

そこにクソハンスがやってきた。

クズだが、一応ネロを励ます言葉を掛ける。

 

これからはもっと働けと言う。

こんな時にいうことかよ・・・

 

どうやらハンスは家賃の取り立てにきたようだ。

しかしネロは家賃が足りないという。

すると声を荒げ、いつものクズハンスに。

 

ほんとこいつには人情というものがないのか・・・

クズすぎてやばい・・・

 

ハンスはネロから全財産を奪い、それでも家賃の半分しかないというと、

金目になるモノを物色しはじめた・・・

そこで、おじいさんから買ってもらったパネルに目をつけ、見ようとする。

 

するとネロは声を荒げ、ハンスに触らせないよう抱きかかえた!

しつこくみようとするハンスに怒ったパトラッシュとクロは

吠えてハンスを追い出した!

 

いい子たちだ・・・。

 

しかしネロ・・・これからどう暮らしていくのか・・・

 

・・・・・

・・・

 

そんな矢先、ジョルジュとポールがやってきた。

聞けばジョルジュは鍛冶見習いとして遠くに修行しにいくという。

ネロたちはジョルジュの門出を祝うことに。

 

二人のかあちゃんが食材を持たせてくれたようで、

ジョルジュがスープを作ってくれた。

 

ネロを笑わせようとひっしな二人。

ほんとこの子たちいい子だな・・・泣けてくる。

 

そして夕刻・・・別れの時。

ジョルジュは明日から旅立つという。

休みには必ず帰ってくるっていうけど・・・

 

ネロも可哀想だな・・・