読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アニメ&漫画感想ブログ

アニメと漫画の感想を書いていこうと思います!

【アニメ感想】フランダースの犬 第47話「風車小屋の火事」

アニメ

 ■フランダースの犬
第47話「風車小屋の火事」

f:id:sarapan2014:20150427092313p:plain

ネロは夜を徹しておじいさんの絵を描いていた。

そしてついに下書きが完成したみたいで、おじいさんが帰ってきた!

と、喜ぶネロ。

 

その日の牛乳配達はいつも以上に張り切るネロ!

牛乳を預けてくれるおじさんとおばさんに「おじいさんが帰ってきた」という。

大人からすると、この発言はかなり危なく感じるよなw

 

ネロ大丈夫か・・・と心配される。

 

・・・・・

・・・

 

牛乳運びから帰ってきて、早速おじいさんの絵を描くネロ。

ますますイキイキしている。

 

そんな中、アンドレがやってきた。

クソ親父のハンスが呼んでいるというのだ。

怪訝な顏をするネロ。

 

しぶしぶハンスの元にいくと、風車の調子が悪いと言う。

そこでネロにノエルじいさんを探して連れてきてほしいというのだ。

ネロはコンクールの絵を仕上げたいのに、

何処にいるかもわからないノエルじいさんを探せと言うのか

相変わらずクズすぎるww

 

アンドレは可哀想だとネロを庇ってくれるが、ここで絵を描いていることを

ハンスに知られてしまう。

家賃も払わずまだ絵なんぞ描きおって!

 

その時だった!

アロアのお母さんがやってきてハンスを戒める。

コゼツが職人を探してくるそうで、しばらく様子を見ようという結論になった。

 

アロアのお母さんはネロにクッキーを焼いて持ってきてくれたようだ。

アンドレにクッキーを一つ上げて、ひとりぼっちのネロと仲良くしてあげてねと言う。

ハンスの倅とは思えない優しさを持つアンドレ。

仲良くするといってくれた。

最初は嫌な奴だったんだがなぁ。今となってはいい子だ。

 

ネロはアンドレにもう一つクッキーを上げて別れた。

 

帰り道、クロとパトラッシュが騒いでるので見に行くと、川に人形が落ちていた。

ネロはアロアの人形かもしれないと、拾い上げ、暖炉で乾かしてあげる。

夕食後アロアの家に届けようという。

 

そのアロアの家ではコゼツと奥さんが話していた。

この村の責任者であるコゼツに一人ぼっちのネロをどうにかしてほしいと言う。

ここで判明するのだが、ネロの牛乳運びの賃金はたったパン1個

買えるかどうかなんだと・・・

 

これは酷すぎるだろ・・・

その日暮らしも危ういのに家賃なんて払えないだろ・・・

コゼツはネロを憎たらしく思いながらも、責任者として仕事をあっせんしようとする。

まぁそれもアロアから引き離すためのようだが。

 

マジでこいつwww

 

夜・・・ネロがパトラッシュと共にアロアの家に人形を届けに来ると、

なんとアロアが屋根に乗っていた!

この子もお転婆だなぁ。

 

人形を届けに来たと言うと、屋根から降りて、こっそり密会。

アロアの人形じゃなかったようだ。

明日友達に聞いてみるという。

 

アロアは人形を使ってネロに語りかける。

コンクールで金賞を取り、ネロと一緒に学校に通いたいと夢見てるようだ。

そんなアロアの気持ちに応えようと、ネロもやる気を見せる。

 

そんな中、風車が回っていることに気づいた二人。

どうやらコゼツとハンスが見に行っているようなのだ。

 

コゼツは職人からのアドバイスで、油を塗って一晩回しておけば治るだろうと

言われたようで、それを実行したようだ。

確かに風車はスムーズに回り、治ったかに見えた。

 

二人は安心して帰宅。

ネロも帰宅していた。

その帰り道をよりにもよってハンスに目撃される。

この時は何でもなかったが、これが後々悲劇を巻き起こすことに。

 

帰宅後も絵に夢中になるネロ。

そんな中、騒がしい!

なんと風車小屋が燃えているじゃないか!

 

ネロは走って見に行く!

村中で消火にあたっている。

相当デカい火事だ。

 

なんとか消し止めたが、ほぼ全焼じゃないか。

これじゃこの冬を越すまでに風車はどうにもならない。

風車は小麦をひくのに大切なもの。

それがダメになった農家は悲鳴をあげる。

 

火事の原因はむやみに油をさしたことだ。

まったく・・・

 

そんな中ハンスが夜出歩くネロを見たと言った事から大騒ぎに!

コゼツはやっていないというネロを犯人扱いはしなかったものの、

なんで夜出歩いていたかという尋ね、アロアに人形を届けたということに激怒!!

 

人形を叩きつけ、アロアに二度と会わせないと連れて行ってしまう。

妙な疑いをかけられた挙句、アロアに会えなくなってしまった。

 

絶望に打ちひしがれるネロは駆け出して行った。

おま・・・こいつら本当に大人なのか・・・

 

おじいさんを失って、ひとりぼっちの傷心のネロになんてことを・・・

クソガキならともかく、ネロは誰よりもいい子じゃないか・・・

ネロが可哀想すぎて辛い・・・