読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アニメ&漫画感想ブログ

アニメと漫画の感想を書いていこうと思います!

【アニメ感想】フランダースの犬 第51話「二千フランの金貨」

 ■フランダースの犬
第51話「二千フランの金貨」

f:id:sarapan2014:20150424114429p:plain

全てをかけたコンクールに落選したネロ。

最終選考までネロの絵は残っていたのに、結局上手い方が選ばれてしまった。

 

将来性を買って、育てるという意見・・・

単純に上手さだけで決めると言う意見・・・

今回は例外的に二つの作品に決めるという意見・・・

 

審査員たちの三者三様の意見があったが、結局はただ上手い方を選んだわけだ。

せめてさ、せめて銀賞として表彰してあげれば、

ネロの気持ちも幾分救われたんじゃないのかな・・・。

 

1番を取れなかったという事実だけ突き付けられ絶望するネロ。

賞金の200フランも泡と消え、ネロは目の前が真っ暗になった。

 

冷静に考えれば、ミッシェルおじさんが迎えにくるわけだから

生きる上ではなんとかなるだろうに。

でも、そんな事を考える余裕すら、この時のネロにはなかったんだろう。

 

だってすべてを賭けて挑戦して、それがダメだったんだもん。

世間は冷たいし、そんな中での最後の希望だったんだからなぁ。

絶望するわなぁ。

 

ポールは、そんなネロを励ますが、ネロは1人にしてほしいと突き放す。

神などいないんだなぁ。ここまで試練を与える必要ないじゃないか。

 

一人になったネロはパトラッシュにもうすべてが終わったんだと抱き着く。

 

 

・・・・・・

・・・

 

一方アントワープに来ていたアロアは、学校で使う何かを買いに行くふりをして

コンクールの結果を見に行こうとするが、ハンスに止められる。

しかしハンスの制止を振り切って走り出すアロア。

 

途中ポールに出会い、結果を聞くが、ポールはとても自分の口では言えないといい、

自分の眼で確かめてよ!・・・と走り去ってしまう。

 

ここでアロアは大体の察しはついただろうが、自分の眼で確かめずにはいられなかった。

コンクールの発表の場に向かうと、そこにはネロの絵は飾られてはいなかった。

そこにやってきたハンスは嘲り笑う。

 

ホント最低なアゴだな。

 

ネロに会いに行かなきゃというアロアを強引に引っ張って帰るハンス。

血も涙もないのか。

 

・・・・・・

・・・

 

一方のネロはパトラッシュと雪の降る街をさまよっていた。

そんな時だった。

パトラッシュが倒れこんでしまう。

 

今日は何も食べていないようだ。

これも全てはネロが絵を見に行ったせいなのだが・・・

まぁネロを責めたら可哀想だけどなぁ。

 

ネロは近くの家に物乞いをするも、冷たい大人はパンのひときれも恵むこともなく

ドアを閉めてしまう。

 

金持ちほど冷たいっていうもんな。

 

・・・・・・

・・・・

 

その頃、アロア宅ではハンスがアロアの母親に嬉々としてコンクールの結果を話していた。

聞けば、コンクールで金賞をとったのは大金持ちの御曹司で、

大変有名な画家より絵を学んでいたという。

 

そんなもの勝てるわけがないオラ! ( °▽°)=◯)`ν°)・;'.、

 

この金持ち坊主も努力し、その結果だとは思うが、

それにしたって環境が違いすぎる。

不公平感は半端ないわ。

 

ハンスの笑い声に涙するアロア。

ほんとカスすぎるww

 

そんな中、コゼツが帰宅。

青ざめた顏をしている。

事情を聞けば、なんと2000フランという大金を落としてしまったらしい。

コゼツ家はおろか、村も終わるレベルw

 

絶望のコゼツwww

 

「なんてこった・・・」

 

ざまぁねぇぜ!!

ネロを散々いじめた罰やでこれは!

 

コゼツはハンスと共に再び探しに馬車を走らせる!

その馬車にはねられそうになるネロとパトラッシュ・・・。

はぁ・・・みてられない。

 

そんな中、パトラッシュが雪の中から何かを掘り出した。

ネロが拾って確認すると、小さな袋だ。

中を見れば金貨がたんまりはいってる!

 

袋の刺繍をみてコゼツのモノだと悟る。

このお金の10分の1でもあればネロもパトラッシュも暮らしていける。

果たしてネロはその金をどうするのか・・・

 

ネロはアロア家を訪れて、全額届けに来たようだ。

なんて優しい子なんだ。

絶望下においても、ここまでするなんて・・・。

 

 

最初奥さんはネロを邪慳にする。

まぁタイミングがタイミングだけに、ネロに構ってるヒマはないってことか。

だがネロがお金を見つけてくれたと知ると態度も一変!

中に入って!と招き入れる。

 

ネロの眼から光が消えてる・・・やばい・・・

 

母親もアロアもネロに感謝をする。

食事を出してくれると言うのにネロは何故かそれを拒否をする。

お腹がすいてないって・・・うそばっかり。

せめてパトラッシュには食わせてやれよwwって思わず思ったが

優しいネロはパトラッシュに食事を上げてくださいってちゃんといった。

 

そのパトラッシュは暖炉の前で崩れるように寝転んでしまった。

相当弱っているようだ。

 

ネロはアロアに報告しなきゃいけないことがあると言うが、

アロアは言わないで!と言葉を遮る。

またチャンスがあるからとネロを励ますが・・・

ネロの表情は曇ったままだ。

 

一方コゼツたちは雪の中まだ探してるw

天罰じゃ!

 

・・・・・・

・・・

 

ようやく食事が出来たが、パトラッシュはまだ眠っている。

アロアに起こさないであげてというネロ。

眼を覚ましたら上げてほしいと言い、自身は何も手をつけず帰ると言い始める。

 

おじいさんが待っている気がする・・・と。

パトラッシュをお願いし、一人走って帰るネロ。

 

どうやらネロはパトラッシュを養えないと悟り、

アロアに預けたまま消えるつもりのようだ。

 

しかも今生の別れみたいに心の中でつぶやく・・・

ええ・・・ネロ・・・しきをさとったのか?

 

帰宅後、食器やらなんやらの整理を始めるネロ・・・

出て行くつもりか。

ネロは自分が書いた天使の絵になにやら書き足す。

一体何を・・・?

 

ネロは小屋にも顔を出し、今まで世話になった荷車にも別れをつげる。

その後、おじいさんのお墓にも顏を出し、遠くに行く報告をする。

 

いやいやいや・・・ネロよ。

明日にはミッシェルおじさんが迎えに来るんだろう。

完全に自暴自棄になってる・・・。

可哀想すぎる・・・

 

 

遠くってどこに行く気なんだ。

 

・・・・・・

・・・

 

一方アロア宅に帰宅したコゼツ。

2千フランをネロが届けてくれたと知ったコゼツは絶望から一転歓喜に打ち震える。

そして、コゼツは猛省する。

 

辛くあたってきたのに、そんな自分のためにお金を全額届けてくれた。

ようやくコゼツもネロを認め、償いをするとアロアに約束する。

 

そんな中、目覚めたパトラッシュ。

ネロを探すもいない。

タイミング悪くコゼツ家にノエルじいさんがやってきた。

扉が開いたので飛び出してしまったのだ。

 

弱り切ったパトラッシュはネロの足跡を追っていくのだった・・・。

・゜・(つД`)・゜・