読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アニメ&漫画感想ブログ

アニメと漫画の感想を書いていこうと思います!

【アニメ感想】ワールドトリガー 第65話「No.1シューター二宮匡貴」前編

■ワールドトリガー
第65話「No.1シューター二宮匡貴」

f:id:sarapan2014:20150423164317p:plain

遊真たちが鬼怒田さんに連れてこられた部屋には黒いラッドがいた。

その正体はアフトクラトルのブラックトリガー使い・エネドラだった!

 

仲間割れでしんだと思われていたが、まさかこんな姿になっているとは・・・

鬼怒田さんの話によると、肉体はすでにしんでおり、エネドラの角を移植した結果、

ラッドにエネドラの人格がそのままコピーされたようだ。

 

どうやらアフトクラトルの『角』は移植された人間の情報や人格などを記憶する機能があるようだ。

最も、それはエネドラの脳が角と一部同化していた結果から来るものかもしれない。

ワープ使いのミラの話からするに、エネドラの片方の目が黒く染まっていたのは

角が脳と同化した印みたいなものか。

そして角と脳が完全に同化すれば、その命はない・・・か。

 

アフトクラトルはリスキーなもんを使ってるんだな・・・

脳との同化自体、レアケースなのかもしれないけどねぇ・・・。

 

 

ヒュースを簡単に見逃した裏には、エネドラの存在があったからか。

遊真はエネドラがヒュースよりも情報を聞きやすいのか鬼怒田さんに聞くと

そこが問題だという。

 

ヒュースとは逆に、協力的すぎるのだというのだ。

そこで嘘を見破るサイドエフェクトを持つ遊真に、

その真偽を確かめてほしいというわけだ。

 

質問その1

今回の大規模侵攻の目的はなんなのか?

なぜトリオン能力の高い人間を連れ去るのか?

 

回答その1

兵隊として使うためだ

 

質問1の内容を更に深堀して聞き出す。

なぜ今回に限ってブラックトリガーをも投入した、大規模侵攻だったのか?

それだけの戦力を投じて、トリオン能力者を手に入れたかった理由はなんなのか?

 

これに対するエネドラの答えは興味深かった。

 

「もうすぐアフトクラトルの神がしぬからさ」

 

神の国アフトクラトル・・・

その名が示す通り、アフトクラトルには神という存在が実在しているようだ。

 

アフトクラトルは星の上に出来た国であり、

またその星自体も巨大なトリガーで出来たもののようだ。

マザートリガー、クイーントリガーなどと呼ばれている途轍もなく巨大なトリガーだとエネドラは言う。

 

で、このトリガーに生贄として放り込まれ、しぬまで星のお守りをする存在こそが

『神』だという。

トリガーと同化し、その寿命が切れるまで生きるという・・・

つまり神がしぬ時・・・星もしぬということか・・・

風も吹かなければ、雨も降らない・・・夜も明けない。

確かに星の滅亡かもしれないな。

 

アフトクラトルはあと数年で滅亡を迎えるということか。

なるほど、次の神を探す為の遠征というわけか。

 

 

 

 

 

鬼怒田さんは、さらわれた隊員が神として生贄にされたのか聞くが、

事はそう簡単なことではないらしい。

神のトリオンが少量なら、それに合わせて星も小さくなる。

そうなれば、今までそこで生きてきた人間・・・恐らくは身分の低い人間から

切り捨てられていくことになるわけだ。

 

神の国と呼ばれる所以は、神を厳選し、国力を上げてきたからだという。

そうなれば、今の神と同等、もしくはそれ以上のトリオン能力をもつ者でなければ

神として認められないわけか・・・

 

金の雛鳥・・・雨取千佳は、神候補として適任だったわけか。

 

 

質問その2

なぜお前は基地に潜入し暴れたのか?

トリオン能力者の確保が目的であれば必要以上のさつ戮に意味はないだろう。

 

回答その2

エネドラの目的は敵のかく乱だったから・・・だそうだ。

指揮官の命令でころしに行けと言われたようだ。

 

だが、この答えは嘘だと遊真が見破った。

確かにハイレインはそんな命令はしていなかったはずだ。

 

鬼怒田さんは嘘をつくなとエネドラに言った。

もちろん遊真のサイドエフェクトは伏せたまま、

別の捕虜(ヒュース)から大方の話は聞いており、今やっている質疑応答は

その情報の真偽のすり合わせだと説明。

 

鬼怒田さん上手い事言うなぁ。

 

しかしエネドラもこの嘘を見破った。

ヒュースが捕虜として捕まった事は可能性としてありえるが、

奴がベラベラと情報を話すわけがないというのだ。

 

エネドラはヒュースと違い、協力を惜しまないという。

なんだったらアフトクラトルまでの道案内までしてくれるという。

 

遊真の判定で、この言葉に嘘はないようだ。

ここで菊池原がエネドラに言葉をかける。

人間辞めて人格が変わったんじゃないかと挑発する。

 

大規模侵攻時、エネドラとは二度も戦闘してたからなぁ。

 

鬼怒田さんは、なぜ協力的なのか?何が狙いなのか?と質問する。

エネドラは復讐のためだと答えたが、遊真は部分的に嘘があると見抜いた。

やはり何か別の狙いがあるようなのだ。

 

ただ、こちらの味方をするという点においては本当のようだ。

復讐したいという点も本当だと言う。

 

エネドラからは今後もアフトクラトルの情報や、4年前の大規模侵攻が

どこの差し金なのかなど、聞きたいことは山積みだと鬼怒田はいう。

今後も遊真に協力を頼む鬼怒田さん。

 

 

・・・・・・・・

・・・・

 

鬼怒田さんと別れた修と遊真と菊地原は次の遠征が早まるんじゃないかと話していた。

そうなれば、少しでも早くA級に上がり、遠征部隊へ入らないといけないわけだ。

 

しかし、菊地原は今のままではA級なんて無理だという。

修もそれは自覚していたため、自分が強くなるしかないというが、

菊地原はこれを修の傲慢だという。

 

次のランク戦の実況は風間さんだという。

失望させないでよね・・・と一言。

焦る修・・・・

 

後編に続く。

 

■前回

 

■次回

 

 

■ワールドトリガー感想まとめ