読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アニメ&漫画感想ブログ

アニメと漫画の感想を書いていこうと思います!

フランダースの犬 第27話「アロアのいないクリスマス」

 ■フランダースの犬
第27話「アロアのいないクリスマス」

f:id:sarapan2014:20150423164826p:plain

アロアがイギリスに行って、はや一ヶ月。

冬の季節が到来していた。

 

おじいさんやネロたちにとって、

朝早くからの牛乳運びは、かなり辛そうだ。

寒さがこたえるだろうな。。

 

だが、ネロにとってはそれ以上に気になることがあった。

一向に連絡をくれないアロアのことだ。

 

もうすぐクリスマスだというのに手紙のひとつもくれない事に

かなりショックを受けているようだ。

 

ネロはおじいさんに字を書くのは難しいの?と聞く。

どうやらおじいさんも字を書くのは完璧ではないらしい。。

そのうちネロにも教えてやるとおじいさん。

 

ネロはアロアがまだ字をかけないのかなぁと思うしかなかった。

 

そんな折、郵便屋さんがやってきたのを目撃するネロ。

すぐに自分宛の郵便が届いてないか聞くネロ。

 

しかし、ネロ宛の手紙は一切なかった。

適当にしか確認しない郵便屋さんに無理を言ってもう一度見てもらうネロ。

しかし何度見たところで何もない。

 

ただ、コゼツ宛には1つ小包が届いていた!

アロアからだ!

 

そこに丁度コゼツが通りかかり荷物を受け取る。

ネロを一瞥し、すぐに去っていってしまった。

 

落ち込むネロ。。。

 

 

コゼツはアロアからの小包に大はしゃぎ!

開けてみると、両親に宛てた手紙とプレゼント用に包装した小さな箱が入っていた。

手紙を早く読みたいと両親で手紙の取り合いをするw

 

ほんとはいい両親なんだろうけどねー。

コゼツの旦那はネロにアロアを取られると思って嫉妬してんだよなあ。

 

手紙の内容は日々勉強を頑張ってるという内容だった。

そしてネロ宛てにクリスマスプレゼントを同封したと綴られていた。

 

しかしコゼツはすぐに渡してはダメだという。

中身をあらためるまでは決してネロに渡すなと奥さんに釘をさす!

 

どうやら中に手紙が入っていたらと危惧してのことらしい。

なんて嫉妬深いんだ!

気持ちはわからんでもないけど、ネロはいい奴だろ・・・

コゼツは見る目ないなぁ。

 

 

一方、悲しみのネロを見かねたヌレットおばさんが

クリスマスパーティをおじいさんに提案。

お金のないおじいさんに代わってお金を出してくれるヌレットおばさん(´;ω;`)

 

牛乳運びが休みで、ベッドでぬくぬくしてるネロを起こして

街に肉やケーキを買ってくるように伝え、お金を渡した。

 

少しは明るさを取り戻すが、やはりどこか淋しげだ。

ヌレットおばさんは、よかったら友達も連れておいでといった。

 

街に着き、買い物を済ませるとジョルジュとポールに遭遇。

ネロはクリスマスパーティに彼らを誘うが、

彼らも親戚のクリスマスパーティに呼ばれているようで、今回は遠慮する。

 

そんな中ジョルジュから不穏な噂を聞く。

アロアをイギリスに行かせたのは、ネロと引き離すためだとジョルジュは言う。

噂の出所はアンドレだ。

まぁそのアンドレもクソ親父のハンスから聞いたようだが・・・

 

まさか出てこない回でも人を不快にするとは!!

 

ネロは港からイギリスの方を眺めながら悲しい想いに浸る。

村に戻ってくるとすでにミサが始まっていた。

 

みな教会に集まり、祈りを捧げる。

ネロは一番後ろの席にいた、おじいさんとヌレットおばさんの間に入れてもらい、

祈りを捧げた。

 

その後、ネロはヌレットおばさんとおじいさん、パトラッシュと共に

クリスマスパーティをする。

 

いつもと違い、テーブルには豪勢な料理が並び、おじいさんからは

木の靴のプレゼントをもらう。

悲しみに暮れていたネロに少しだけ元気がもどったようだ。

 

パトラッシュも肉をもらって上機嫌だ。

 

そんな折、アロアのお母さんが訪ねてきた。

アロアからのクリスマスプレゼントをようやく渡しに来たようだ!

 

ネロは今までで一番の喜びを表した!

飛び跳ねて喜ぶネロ!

さっそくプレゼントを開けてみると、三本のチョークが入っていた!

大喜びのネロ!さらには手紙も同封されていて、

テンションMAX!

 

パトラッシュに手紙がきたよー!と見せびらかす!

その夜、ネロにとって最高のクリスマスになったのは間違いないだろう。

 

よかったねネロ(´;ω;`)