読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アニメ&漫画感想ブログ

アニメと漫画の感想を書いていこうと思います!

【アニメ感想】フランダースの犬 第32話「大きなカシの木」

 ■フランダースの犬
第32話「大きなカシの木」

f:id:sarapan2014:20150430064131p:plain

ミッシェルおじさんの看病をするネロ。

もう数日もつきっきりなのか(´・ω・`)

 

その間おじいさんはパトラッシュと一緒に牛乳運びしてるんだね。

大丈夫かなぁ(´・ω・`)

 

一方ハンスはコゼツの家を訪れ、旦那を鉄砲撃ちに誘うw

だがこれがコゼツの怒りを買うことにw

 

風車が止まったせいで小麦がひけない、こんな時に鉄砲撃ちなどやってられるか!

と、怒鳴られ、ミッシェルの様子を見て来いと追い出されるw

ざまぁみやがれww

 

 

一方ネロは1人で樫の木をのこぎりで切ろうとしていた。

だが、硬い樫の木を子供のネロの力では、そう容易くはない。

 

そんな中、森で銃声が聞こえてきた!

ネロが銃声のほうへいくと、犯人はハンスだった!

小鳥目がけて銃をぶっぱなしてる!!

 

なんて野郎だ!

 

「ハンスさん!」

 

思わず声を上げたネロ。

これに因縁をつけるハンス!

ワザと逃がすような真似をしたな!とネロの胸倉をつかむ!!

 

こいつマジでクズだなww

 

ミッシェルおじさんは森で銃を使うことを嫌うと伝えると

やっぱりわざと邪魔したんじゃないかと、拳を振り上げる!!

 

そのときだった!

パトラッシュが牛乳運びを終えてやってきてくれた!

これにビビったハンスは逃げ出すww

 

その後ハンスはミッシェルおじさんの家に行って、

はやく木を切れと催促するが、おじさんはこれを無視ww

そしてハンスの銃を奪い取り、銃口の匂いを嗅いだ。

 

森で鳴り響いていた銃声の犯人がハンスとわかったおじさんは

ハンスの首をへし折ってやるといいだしたww

これにビビったハンスはまたも逃げ出すww

 

そしてコゼツの旦那に報告にいくと、

こともあろうにネロがアロアと引き離したコゼツを恨み、

ミッシェルに泣きついて木を切らせないでいるに違いないと言い出す!

 

マジコイツどうしようもないなwww

 

コゼツもこれを鵜呑みにするんだから恐ろしいわ!

 

・・・・・・

・・・

 

その夜、ミッシェルおじさんはあと2、3日もすれば回復するとネロに伝える。

これを聞いたネロは4、5日はゆっくりしてなきゃダメだよと言うw

よほど自分で切り倒したいと見えるなぁ。

 

ミッシェルおじさんが寝付いたのを確認して、

ネロはまだ夜も明けない頃から木を切りに行く!

 

がんばるなぁ。。。

 

ネロの手はマメが潰れて血が。。

包帯を巻いて一生懸命頑張る。

それでいてミッシェルの世話もする。

 

ホント凄い子供だ(´・ω・`)

 

一方、お爺さんの前に現れたコゼツ。

コゼツはネロがミッシェルに木を切らせないようにしてるのは本当か?と聞く。

おじいさんは、そんなまさかというが・・・。

まぁ理由は違うけど、斬らせないようにしてるのは確かかw

 

コゼツは孫はもう少しキチっと育てるんだな!と言い残し去って行った。

なんてやつだ!

 

 

一方、木を切るネロの元にジョルジュとポールがやってきた!

二人はネロを手伝おうとするが、ネロは怖いトーンで二人を止める。

1人で最期までやり遂げる・・・それが大切だとノエルじいさんから教わったネロは、

それを忠実に実行しようとしていた。

 

二人はネロの想いをくみ取り、見守ることに。

そんな中、ミッシェルおじさんの昼食を作るのをうっかり忘れていたネロ!

するとジョルジュとポールが代わりに飯を作ると申し出てくれた!

 

ネロはその言葉に甘える事に!

 

しかし、これがいけなかった。。

ミッシェルさんの家で家事をするジョルジュたちの前に

おじいさんがやってきてしまったのだ!

 

おじいさんはミッシェルさんに謝罪した。

友達にミッシェルさんの世話を任せて自分は遊んでるなどけしからんと、

珍しくおじいさんが怒ってる。

 

ミッシェルおじさんは怒らないでやってくれと言うが・・・。

これを知ったジョルジュたちは急いでネロに報告する!

 

しかし、ネロは切るのをやめない!

あと少しで切れそうなのだという。

 

一方ミッシェルさんは、怒れるおじいさんを樫の木に案内していた。

巨大なその木を見れば、怒りもどうでもよくなるというのだ。

 

時を同じくして、ようやくネロは巨大な樫の木を倒した!

 

しかし、切り口は雑・・・その上、巨大な木が倒れた影響で

周りの木々もなぎ倒されてしまった・・・。

 

これ・・・怒られるんじゃないのか?((((;゜Д゜)))

はたまた、おじいさんたちが木の下じきに・・・

 

 

そんな事を想像していたが、

誰も犠牲者はなく、ミッシェルおじさんも怒らずネロを褒め倒していた。

おじいさんもネロを叱ることはなかった。

 

その後ノエルじいさんに風車を修理してもらい、コゼツに何も言われる事なく

平和に幕を降ろした。

 

よかったなネロ(´・ω・`)