読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アニメ&漫画感想ブログ

アニメと漫画の感想を書いていこうと思います!

ワールドトリガー 第38話「B級ランク戦開幕」

 ■ワールドトリガー
第38話「B級ランク戦開幕」

f:id:sarapan2014:20150427160846p:plain

会見場に姿を現した修。

ざわめく会場。上層部も突然の修の登場に混乱する。

 

質問は自ら受け付けるという修。

マスコミは修一人をやり玉にあげて、バッシングを浴びせる。

 

しかし、修は自分が間違った行いをしたとは考えていない。

敵に情報が漏れる可能性があったとしても、

目の前で危機に瀕してる者があれば、見捨てる事はできない。

 

修はそう言った。

これに対してどう責任を取るのかと迫る記者。

 

修はこれに対して「取り戻す」という。

つまりネイバーの世界への遠征・・・

この事実は一般には知らされていない機密事項。

 

それを修が喋ってしまった事で慌てる上層部。

当然質問してくるマスコミたち。

 

城戸司令はすかさず、情報を開示。

遠征プロジェクトを計画していると発表。

すでに遠征には踏み出してはいるが、マスコミに対しては、

これから行くという体で話を進める。

 

新しいネタに食いつく記者たちは、修叩きそっちのけで食いつく。

遠征部隊の選出は希望者かつA級であること。

さらにそこから選抜試験を行い、勝ち残った者のみが参加できると発表。

 

 

 

修たちが遠征部隊に入るには、まずはA級を目指す必要がある。

そのためにはB級ランク戦を勝ち上がらなければならない。

 

修のケガの回復後、遊真・修・千佳の三人を呼び出した林藤支部長。

点数の足りていない千佳に、今回修と遊真が得た戦功ポイントを割り当てるという。

これで千佳をB級に昇格させるというのだ。

 

もちろんこれは特別処置。

千佳のトリオン量を考え、ベイルアウト機能をつけるべきとの意見もあり

特別にポイントの振り分けが許可されたというわけだ。

 

これにより千佳はB級に上がれるが、

逆に遊真のポイントがB級に届いていない。

 

遊真は自力で稼ぐからと、その宣言通りあっという間にポイントを溜め昇給。

B級ランク戦へ参加が認められた。

ちなみにオペレーターに関しては宇佐美先輩が担当してくれるようだ!

これは心強い!

 

 

B級ランク戦は、玉狛第二も含め全21組によって執り行われる。

 

それぞれ7チームごとに

上位チーム、中位チーム、下位チームと選別され、

上位チーム1位・2位がA級への挑戦権を得られるという仕組みだ。

 

遊真たち玉狛第二は最後のエントリーなので自動的に21位からスタート。

 

順位はポイント制で変動する。

ランク戦は3チームないし、4チームが同時に戦い、

敵チームの1人を倒すと1P得られる。

そして、生存ボーナスとして勝利チームには2Pが入る仕組みだ。

 

ちなみに前シーズンで上位チームには最初からボーナス得点が割り振られているため

その分のアドバンテージがある。

1位が+15点、そっから順位が一つ下がる毎にポイントが一つ減っている。

しかし、この差は大きい。

 

早速玉狛第二のランク戦が始まった!

今回は修のケガのこともあるので遊真と千佳の二人で参加。

 

3人にオペレーターを咥えた4人が基本だが、

それに対して1人欠いた状態の玉狛は不利・・・かと思えたが

遊真の圧倒的な実力と、千佳の圧倒的破壊力の前に敵2チームを撃破!

 

6点+勝利ボーナス2点、計8Pを取得!

これにより玉狛第二は21位から一気に12位まで急上昇!

 

この調子で、まずはB級上位ランクを目指す!!

 

 

■前回

 

■次回

■ワールドトリガー感想まとめ