読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アニメ&漫画感想ブログ

アニメと漫画の感想を書いていこうと思います!

【アニメ感想】ワールドトリガー 第63話「反転する未来」

アニメ

■ワールドトリガー
第63話「反転する未来」

f:id:sarapan2014:20150425111337p:plain

リリスを取り込み、異様な膨張を見せるギーヴ。

これはカロンも想定外の行動だったようだ。

 

巨体に加え、触手による範囲攻撃。

リリスを救い出すにしろ、ギーヴを倒すにしろ、骨が折れるのは間違いなさそうだ。

 

一方で遊園地の外ではトリオン兵が無尽蔵に湧き出てきて、

その対処に玉狛第一の三名も、米屋・出水・古寺の三名も苦戦を強いられていた。

 

最初は遊園地周辺だけに湧き出ていたトリオン兵だったが、宇佐美曰く、

広範囲に出現しだしたという。

一応本部からの応援が間もなく到着すると言う。

 

修たちが安心する一方で、ゼノは敵意をむき出しにしていた。

リリスを捕らえるのが目的だと思い込んでいるようだ。

ここに来ての仲たがい!どうやらリリスを吸収されたことで

パニックに陥っているようだ。

 

ゼノはトリオン兵を召喚し、修たちを囲んだ!

「誰にもリリスに触れさせない!」

 

ゼノは1人でリリスを救出するつもりか!

 

・・・・・

・・・

 

ギーヴに獲り付いたカロンはリリス回収が不可能と判断。

エルガテスの技術を残さないためギーヴをリリスごと自爆させるつもりのようだ。

しかし、これに抵抗するのはギーヴ!

 

カロンの触手が体内の起爆システムを作動しないようプロテクトをかける!

ギーヴの自我はまだ残っているのか。

思い通りにはさせないという、ささやかな抵抗なのだろうか・・・

 

 

 

たった一人でリリスを救出するために、突っ込んでいくゼノ!

トリオン兵をサーフボードのように使い、空を駈ける!

 

しかし、ゼノへの憎しみをインプットされているギーヴは

決してゼノの接近を許さない! 

 

触手による攻撃の他、メテオラのような起爆型キューブトリオンをまきちらし、

ゼノを吹き飛ばす!

 

修たちはゼノのトリオン兵に囲まれたまま身動きが取れずにいた。

このトリオン兵を撃破し、ギーヴの元に駆けつける方法もあるだろうが、

それではゼノに不信感を募らせる結果になってしまう・・・

 

 

そんな中、意識を取り戻したリリスから通信が送られてきた。

爆発に巻き込まれたゼノもどうやら無事だったようで、リリスの声に安心感を見せる。

リリスはギーヴを自爆させようとするカロンの目論みをみんなに伝えた!

 

宇佐美曰く、これだけのトリオンが爆発すれば四塚市が

丸々吹き飛ぶ可能性もあるという。

 

カロンは知ったところで止める術はないと嘲るが・・・

 

ゼノは何とかリリスを救出しようとするが、これをリリス本人が拒む。

ギーヴの自爆と共に、リリスも自爆し、爆発の規模を抑え込もうというのだ。

当然そんな事を容認しないゼノは、再びギーヴにとり付こうと接近!

 

一方カロンはリリスを眠らせる為、電撃を走らせる!!

 

修たちの前に墜落するゼノ。

 

自爆をするまいと踏ん張るギーヴだが、

それもいつまで持つかわからないというリリス。

 

自分が気絶した状態でギーヴが自爆したらすべてが終わる・・・

だから今の内に、この閉ざされた空間からなんとか逃げ出してほしいというリリス。

 

修は再度ゼノを説得。

しかしゼノはリリスを救い出す目的が、本部にリリスを引き渡すためだと、

まだ疑っている。

 

修はそんな事はしないと説得を続け、最後には力強い言葉でゼノの心を動かした。

修とゼノと遊真は、それぞれ弱点の破壊、カロンの撃破、リリスを捕らえている

ギーヴの外皮の破壊を同時進行で行う作戦に出た!

 

千佳と宇佐美は、なんとかこの閉ざされた空間からの脱出方法を見つけだす!

 

・・・・・

・・・

 

一方結界の外ではようやくボーダー隊員たちが到着!

数さえ揃えば、どうにかなりそうだ!

 

・・・・

・・・・・・・

 

 

修たちは無事ギーヴの本体にとりつき、それぞれの目的を果たす為持ち場に向かう!

まずは修がギーヴの弱点部分に攻撃をしかけるが、どうやら修の力では

断ち切ることができないようだ。

 

もたもたしていると、触手に見つかり背後から攻撃を受ける修!

だがこれはゼノのトリオン兵のサポートでなんとか防いだ!

 

カロンは仕方ないとギーヴを少し眠らせる為ドリルを頭につきたてる!

これによりギーヴの活動が停止したのか、遊園地の周りを囲っていた

トリオンの結界が解けた!

 

カロンはギーヴを眠らせて強制的に自爆をさせようというのか。

しかし、そうはさせまいと遊真がカロンに迫る!

読んでいたカロンは遊真に攻撃を仕掛けるが、これをかわし、カロンを一刀両断!!

 

しかし、すぐに修復しようとするカロン!

その時だった!!

突如ギーヴの本体から飛び出て来た触手がカロンを捕らえ、体内に引きずりこんでいく!

 

一方の修は千佳のトリオンを使い、巨大化しらレイガストをスラスターで

弱点目がけて飛ばし、これまた一刀両断!

 

ギーヴは自爆することなく、リリスの救出に成功した!

 

目覚めたリリスはゼノに言う。

ギーヴの自爆シーケンスは止まっていないと!

すぐさま修たちにも伝えられるが、その時にはすでに爆破寸前!!

宇佐美の掛け声ですぐに森に退去する修たち!

 

果たして助かるのか!?

 

ギーヴは自爆した。

 

だが、その爆発の規模は全ボーダー隊員による、謎シールドの展開で防がれ、

被害もほとんどなかったようだ。

 

こうして一連の騒動は幕を降ろした。

 

四塚市の人間も無事救助され・・・そしてゼノたちと別れの時が来た。

ゼノは初めて修に「ありがとう」と感謝の気持ちを述べ、握手をかわす。

そしてリリスもまた感謝の気持ちをキスで返すw

 

これにはゼノ様激怒ww

ふてくされて帰って行ったw

 

さて、次週からは本編に戻るのかなドーン゚A`)≡〇)`Д゚).・;'∴

 

■前回

 

■次回

 

 

■ワールドトリガー感想まとめ