読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アニメ&漫画感想ブログ

アニメと漫画の感想を書いていこうと思います!

ワールドトリガー 第34話「激闘決着!最強の戦い」 後編

 

■前編はこちら

 

レプリカを失ってしまった修。

ショックを受ける修・・・!

 

レプリカは真っ二つになってしまったが

コピーラービットはまだ機能している!

ミラを攻撃するが、またワープゲートで逃げられてしまう。

 

この隙に真っ二つになったレプリカを抱え、逃げる修。

パニックになるなと自分に言い聞かせる!

 

 

修の目の前にハイレインと三輪が現れた!

どうやらこちらを目指しながら戦っていたようだ!

 

ハイレインと合流したミラは、ハイレインにラービットを始末するよう頼む。

トリオン弾で攻撃するハイレイン!

 

トリオンで出来ている以上キューブ化は避けられない!

このままではラービットがやられてしまう!

 

その時だった!

修に声をかけるレプリカ!

どうやらまだ生きていたようだ!

 

レプリカは修に刺さっていた三本の磁力マーカーを全て破壊。

これでピンポイントで狙われることはなくなった!

 

レプリカはほとんどの機能は失ったが

基地の入り口を開ける事は出来るという。

 

まだ希望は残っている!

 

しかしレプリカは入口の解析に20秒かかるという。

20秒も敵の攻撃をしのがなければならない・・・!

 

そこで修に一つ提案があるというレプリカ。

 

 

その頃ヴィザと対峙する遊真。

 

ヴィザは自分を中心にオルガノンの刃を円を描くように展開。

刃は常に高速回転し、ヴィザを守っている。

 

しかも厄介なことに、その刃が一定間隔で何重にも展開しているという事。

 

レプリカは一度作戦を練ろうと遊真に持ちかける。

レプリカ曰く、意識の外から攻撃するほか倒す方法はないというが

遊真はおそらくそれでも不十分だという。

 

親父に鍛えられた6年間・・・

親父がしんでからの3年間・・・

その全部を合わせてもヴィザの厚みには勝てないと遊真は語る!

 

勝負をかけるなら技術や経験とは違うところ!

正面から最速最短で叩く!

 

読みあいのポイントを絞って相手を一本道に引き込む!

 

バウンドでヴィザ目がけて一直線に飛ぶ遊真!

しかしそのまま進めばヴィザの刃に切り刻まれる!

遊真は刃の範囲に入るギリギリで動きを止めた!

 

予めチェインで足を固定し、奴の射程ギリギリで止まるよう計算していたのか!

さらに止まった状態からのバウンド!!

距離を縮めた状態からの加速!!

 

再び直進する遊真!

しかし、まだヴィザの周りに刃の層はいくつもあるぞ!

 

ついには両足を根元から切断されてしまう!!

ヴィザは刃の軌道を視界からはずれた所に一本用意していたようだ!

 

即しは避けた遊真。

攻撃も届く!!こちらの狙い通り!

 

だが、ヴィザも甘くはない。

直進してくる獲物をそのままにしておく理由などない。

 

一刀両断!!

 

切り刻まれる遊真!!

当たりを包み込む噴煙!

 

「よし!!」とレプリカ!

 

なんと噴煙から飛び出してきた遊真!

生身の状態になっている!

 

これには流石のヴィザも動揺!

すぐさま逃げようとするが、オルガノンを持つ手が重い!!

切っ先を見ると、オルガノンに重石が!!

 

ここまでが遊真の計算だったのか!

逃げられない!

 

「ブーストッ!!」

 

ヴィザの体を突き抜ける遊真!

生身でトリオン体は破壊できない・・・

 

だが、遊真の体は換装前からトリオン体!

故に破壊できる!

 

ヴィザ撃破ッ!!

 

これにはミラもハイレインも驚きを隠しきれない。

恐らく負けるなどと微塵も考えていなかったのだろう。

 

 

遊真は勢いのまま、基地を目指す!

戦闘体を失い、残りトリオンもわずか。

遊真は残りは全て印に使うという。

 

「バウンドと、遠くからころせる奴だッ!!」

 

ハイレインは状況からまずはミラと協力し、三輪を始末し、

そのあとに修を倒すという。

 

 

レプリカは修にもうじき遊真がここに来るという。

だが、まだ少し時間がかかる・・・三輪が敗れれば、もはやどうする事も出来ない。

 

 

レプリカの提案した作戦がどういうものか解らないが、

実行するのであれば、三輪が戦ってる隙を狙うのがベストだとレプリカは言う。

 

敵のラービットがやられた衝撃音に敵の意識が向いてる瞬間を狙い、

駆けだす修!

 

ミラにそのまま修を狙ったまま待機を命じ、

ハイレインはトリオン弾でコピーラービットを破壊!

 

ミラに修を捕まえろと指示!

修はワープゲートの小窓から放たれる刃に全身を突き刺されてしまう!!

さらにハイレインの鳥のトリオン弾も迫ってきている!

 

修はなんと換装を解いて駆けだした!

確かにハイレインのトリオン弾はトリオンしかキューブにはできない!

 

ミラに指示を出すハイレイン!

しかし注意を引く三輪!

 

「うるさいぞ!!」と初めて怒りを見せるハイレイン!

 

三輪の傍に現れるゲート!

ミラはハイレインの傍のゲートと三輪の傍のゲートを繋ぎ、

そこからトリオン弾を送り込む!

 

しかしこの状況こそ三輪が狙っていたとき!

ワープゲートにバイパーを打ち込む三輪!!

 

弾丸はワープゲートを通りミラとハイレインを強襲!!

さらに斬撃でトドメをさすためとびかかる三輪!!

 

これを咄嗟にワープゲートで防ぐミラ!!

 

三輪は遠くに転移させられてしまう!

しかしこれでミラのトリオンもついに底をついてしまう!

 

ハイレインは自ら飛んで修を襲う!!

修が基地にたどり着くまでおよそ20歩!

追いつける!!

 

同じころ、遊真はバウンドで勢いをつける!!

同時に遊真と三輪はレプリカに命令する!

 

『敵の位置をおしえろッ!!』

 

「ブースト+ボルト!クインチ!!」

「トリガーオフッ!!」

 

遊真と三輪の最後のあがき!

三輪はブラックトリガー・風刃を起動!!

 

未来の分岐点まであと7秒

 

■前回

 

■次回

 

■ワールドトリガー感想まとめ