読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アニメ&漫画感想ブログ

アニメと漫画の感想を書いていこうと思います!

俺物語!! 第15話「俺の彼女」 後編

アニメ

■俺物語!!
第15話「俺の彼女」

f:id:sarapan2014:20150423164826p:plain

 そして体育祭当日。

日本晴れの中、体育祭は幕を開けた!

 

砂は相変わらず黄色い声援がとんでるわw

 

そしていよいよスウェーデンリレーの番!

これに勝てば優勝できるというところ!

 

緊張するカイデー女子。

そんな彼女に、俺にバトンを渡してくれれば俺がどうにかする!と

イケメン猛男!

 

カイデー女子のまなざしが何だか乙女だぞ!

 

 

 

 

そしてリレーは始まった!

出だしは順調!

 

しかし第三走者のカイデー女子は次々と抜かれていく!

 

それでもひっしに走る彼女!

さらに転ぶというアクシデントに見舞われる!

 

「さいじょう!!大丈夫だー!!」

 

と叫ぶ猛男!

デカイ背中が男前過ぎる。

これは落ちたわ。

 

かおを赤らめるカイデーちゃん!

 

すぐにバトンを拾って猛男に渡す!

猛男は笑みを浮かべ、小さくうなずいた!

 

なにこのイケメン( ‘д‘⊂彡☆))Д´) パーン

 

そして走る猛男!!

それはもう疾風の如く!!

 

あっという間に全員ごぼう抜きww

最後尾から全員ぬいてぶっちぎりの勝利ww

 

知ってた^q^

 

そして恋に落ちるカイデー女子。

勝利した猛男はクラスメイトに囲まれる中、遠くで見つめるカイデー女子に

親指を立てて笑顔を見せるw

 

完全に恋してるww

 

猛男の笑顔いいもんな。

確かにこれはモテますわ。

 

 

 

大和は猛男のことを好きな女子が現れた時、戦うことを決めていたが

どうやって戦えばいいのか悩んでいたw

同級生からのアドバイスでおそろいの携帯ストラップなんていいんじゃないかと

いうことになり、それを購入する大和w

 

上げたいものがあるからと、猛男を公園に呼び出すんだが、

そこにはあのカイデー女子も潜んでいた!

 

まんまと大和とカイデー女子、猛男と砂の四人が鉢合わせ!

修羅場る!?

 

猛男はカイデー女子と大和にそれぞれを紹介。

ちゃんと彼女って言ったなw

 

それを聞いてもカイデー女子は猛男にプレゼントを渡した。

クマの刺繍がついたタオルだ!

いつも手ぬぐいの猛男はタオルを凄く喜んだw

 

明らかにへこむ大和ww

カイデーちゃんはそんな大和に気をつかってか、すぐにさってしまう。

でもあの子も猛男好きなんだろうな、ちょっと可哀想。

頑張って欲しいなぁ。

 

で、大和はレイ〇眼になってたww

闇堕ちはやさーwww

 

大和からは変なウサギのストラップww

だからレイ〇眼やめてwww

 

大和って簡単にヤンデレ化しそうなキャラだなww

 

 

すぐさま大和は友達に相談w

可愛い上、いい人そうで、しかもカイデーと三拍子揃ってるw

正直迷う良物件だ!どちらも!

 

「でも、猛男くん彼女って紹介してくれたし

「甘いよ!他人の彼氏が良く見えるってのはよくあることだし!」

 

「うち戦うし・・・負けないし・・・」

 

どんどん闇落ちしてるww

 

彼女アピールのため、校門で待ち伏せする事を薦められる大和w

恋は戦争なのかw

 

一方、猛男のクラスでは携帯ストラップのことをカイデーちゃんに聞かれていた。

「おそろいのストラップとかツーショットの待ち受けとかないわ」と、

ついつい口走ってしまうカイデーちゃん。

 

「何言ってんだ。ありだ」

 

猛男。

そのまま教室を出て行ってしまう。

 

「ご、ごめん!」

 

と追いかけるカイデーちゃん。

階段のところで足を滑らしてしまう!

 

なんとか猛男がその子を受け止めて大事には至らなかったが、

彼女は足をくじいてしまった。

 

肩をかそうという猛男だったが、身長差ありすぎて宙ぶらりんw

そこに砂も現れて俺が肩を貸すというが、

砂でも宙ぶらりんw145cmしかないから当然かも。

 

そこで猛男がおぶっておくると言い出すが、

砂がすかさず、自分がおぶっていくと言い出す。

しかし、これにあからさまに嫌な顔をするカイデーw

 

「私、剛田に送って欲しい」とちゃんと言った!

流石にここまでいわれると、砂も強引に言えないため、

猛男がおんぶしておくっていくことに。

 

しかし、校門には猛男を待ち伏せしてる大和の姿が!

大和は猛男と彼女の姿を目撃すると、急いで校門から走りさろうとする。

 

だが、猛男に見つかって声をかけられる大和。

 

猛男はちょっと足をくじいた彼女を家まで送ってくるから、

砂と待っていてくれと、彼女をおんぶしたまま走り出した。

 

カイデーちゃんを心配する大和。

 

「剛田の彼女いい人だね」

「おお!」

 

まったく猛男ってやつはー!

鈍感なんだからなぁ。

 

大和は砂にカイデーちゃんが猛男の事を好きだと思う?と質問。

 

「グレーだね」

 

と返答。

そこらへん正直なのね砂。

いや、本当は好きだってわかってて、あえてグレーって言ったのかな。

 

猛男はどうしようもないよ

「うん」

 

程なくして「大和~~!」と満面の笑みを浮かべながら走ってくる猛男の姿が。

この笑顔を見たら大和も安心するね。

 

だけどカイデーちゃんも諦めてない様子!

 

翌日、猛男に放課後話があると告げる。

いよいよ告白なのか!?

 

そして放課後!

 

校門の前で待つ大和の姿が・・・そこに砂が一人で現れる。

 

一方鶏小屋の前で猛男と二人きりになるカイデーちゃん!

 

「私、剛田の事が好きなんだ!」

 

 

校舎に入り込んだ大和はソレをうっかり聞いてしまう!

しかしこれには続きがあった。

 

「人間として・・・だから師匠って読んでいい?」

 

は?

全力の照れ隠しか?

 

 

自分はそんなこと言われるよいな人間ではないが、

彼女のひっしな姿の前にダメとはいえず。

 

「おお!」と答えてしまう。

 

結局これで満足したのか、カイデー女子は去っていく( ‘д‘⊂彡☆))Д´) パーン

なんなんや!

一応接点を作っといて、まだ諦めないつもりか何かか?

 

「人間として・・・」

 

大和が物陰で呟くと、猛男がすぐに察知!

大和はカイデーちゃんが猛男君を好きだと思って心臓バクバクだったようだ。

 

猛男は心の中で心配させて悪かったと思うのであった。

 

「モテないっていってるじゃないか」

「うんうん!猛男くんはモテなくていいよ!っあ、猛男くんはいやかもだけど

 

「何言ってる!モテなくていいさ」

 

大和にだけモテていればそれでいい。

 

かぁぁぁ~~~~~( ‘д‘⊂彡☆))Д´) パーン

 

羨ましいわ!

しかし、校庭を去るカイデーちゃんの表情・・・

ありゃ人間として好きってのはウソだな。

完全に恋する乙女じゃねぇか( ‘д‘⊂彡☆))Д´) パーン

 

 

■前回

 

■次回

 

■俺物語!!感想まとめ