読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アニメ&漫画感想ブログ

アニメと漫画の感想を書いていこうと思います!

【アニメ感想】ワールドトリガー 第44話「悪天候の戦闘」

アニメ

■ワールドトリガー
第44話「悪天候の戦闘」

f:id:sarapan2014:20150423164826p:plain

ついに始まった那須隊VS玉狛第二VS鈴鳴第一!!

ステージは河川敷A!天候はまさかの暴風雨!!

この悪天候でどう戦うのか!?

 

一方ランク戦を見守る玉狛支部には特別ゲストが来ると林藤支部長。

その特別ゲストとは一体・・・。

 

 

変わってランク戦。

各自ランダム転送を終え、まずはチームの合流を目指す。

 

川を挟んで西側と東側に綺麗に別れたようだ。

 

西側には

鈴鳴第一の村上鋼、那須隊の熊谷友子、日浦茜、玉狛第二の空閑遊真の計4人!

 

東側には

鈴鳴第一の来馬辰也と別役太一、那須隊の那須玲、三雲修と雨取千佳の計5人!

 

一見すると東側は那須が孤立してて不利に思える・・・!

早い段階での合流が鍵を握るな!

 

 

バトル開始直後、西側の四人はまずは合流をめざし、橋を目指す。

この悪天候では川を渡るのは至難!

となれば橋を目指すのは当然か!

 

位置的には那須隊の熊谷と日浦がもっとも橋に近い!

続いて鈴鳴第一の村上、一番橋から離れているのが遊真だ!

 

一方東側も動きを見せる!

那須は川の方に向かって走り始めるが、橋の方には行かないようだ。

玉狛第二と鈴鳴第一はそれぞれ、東側での合流を目指すようだ。

 

 

そんな中、鈴鳴第一の来馬はスナイパーの太一に川岸に向かうように指示を出す。

どうやら遊真がグラスホッパーで川を越えてくる可能性を考えたようだ!

 

その動きはオペレーターの宇佐美から遊真に伝えられる。

やはり橋を渡るしかないか。

しかし、その橋にすでに熊谷が到着しようとしていた!

橋を落とされ分断されれば最悪だ!

 

一番最悪のケースは那須隊の二人が橋を渡り、橋を壊される事。

西側には遊真と村上鋼が残される・・・それもあるが、

もっと厄介なのは東側で那須隊が三人揃う点にある。

 

エースを欠いた状態の鈴鳴第一も玉狛第二も、共闘でもしない限り負けは濃厚だろう。

 

 

橋についた熊谷は日浦の到着を待つ!

 

どうやらこの日浦茜はボーダーを辞めるようだ。

先日の大規模侵攻を見ての親御さんの判断だという。

日浦自身はもっとこのチームで一緒に戦いたかったようだが・・・

 

那須は彼女のためにも、別れの時までにB級ランク戦で

過去最高の順位をとろうと誓いあう。

 

那須隊が、この戦いにかける思いは想像以上のようだ。

 

 

しかし勝負は無情。

風の流れが変わり、日浦はギリギリのところで村上に追いつかれるだろう。

熊谷は弧月を抜刀し、村上を迎え撃つ準備をする!

 

その時だった!!

 

千佳のトンデモ砲が橋を直撃!!

一瞬にして橋は崩落!

 

修の指示かな。

 

 

結局西側は1人も橋を渡ることなく、分断された。

そして橋で待っていた熊谷の元に、村上が到着した!

日浦の姿はない。

 

橋が落とされた今、スナイパーである日浦は前に出てこないだろう。

遠くから、熊谷の支援にあたるのが定石か。

 

しかし熊谷は、撃たないように言い、もっと離れるように指示を出す。

後ろから来る遊真を警戒しての事だろう。

 

 

一方東側では修と那須が睨み合っていた!

那須の武器はバイパー!

様々な軌道を操り、正確無比な射撃を得意とするシューターだ!

 

 

西側では村上と熊谷の戦闘が始まっていた!

両手持ちの弧月の熊谷に対して、盾と弧月を使う村上!

今の所いい勝負をしている!

 

村上が大振りで熊谷を弾き飛ばす!

この隙を狙っていたかのように遊真は村上の足場を崩す!

このまま川に落とす気か!

 

しかし村上は体勢を整え、川に落ちる事はなかった。

流石である。

 

日浦は射撃位置についたと熊谷に報告。

遊真と村上、撃ち取れるほうを撃てと指示をだす。

 

一方、那須と戦う修は大苦戦を強いられていた!

もはや逃げるだけで精一杯の様子だ!

追尾性のあるバイパーの攻撃・・・しかも正確無比!

盾でなんとか防いでる状態だが・・・修の動きは正直すぎる!

 

経験値の差で那須が圧倒的に有利だ!

鈴鳴第一の別役太一も遠くから那須をスナイプするが、

この悪天候、なかなか当たらない!

 

それどころか、弾道から位置を割られ、バイパーで狙い撃ちにされる!

凄まじい腕前だ!

 

並のバイパー使いは得意な軌道パターンを数パターン用意していて、

状況により使い分けるが、那須はその都度その都度、

軌道を計算しパターンを生み出す!

 

修は千佳に那須の正確さ、追尾性を報告!

むやみに撃たない事を指示した!

 

一方、西側は村上が熊谷と遊真の二人を相手どりながら、まだ無傷で戦っていた!

やはり相当に強いぞ!

 

しかし、二人を相手にしながら、意識をスナイパーに向けるのは、

いくら村上といえどキツイ様子だ。

 

 

修は建物の中に一旦身をひそめ、千佳と遊真に指示を出す。

修自身も点を取りに行くと公言!

 

一方玉狛の特別ゲストは・・・ なんとネイバーのヒュースだった!

林藤支部長はヒュースに戦況をどう見るかと聞くが、

ヒュースは弱い奴が負ける。それだけだと答えるのだった。

 

 

■前回

 

■次回

■ワールドトリガー感想まとめ