読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アニメ&漫画感想ブログ

アニメと漫画の感想を書いていこうと思います!

アルスラーン戦記 第13章「王子二人」 前編

アニメ

 ■アルスラーン戦記
第13章「王子二人」

f:id:sarapan2014:20150424114429p:plain

ペシャワール城塞まであとわずかと言うところで、

アルスラーン一行はルシタニア兵に追いかけられていた。

 

せっかくダリューンとファランギースとの合流を果たしたというのに

息つく暇もないようだ。

 

一行はペシャワール城塞に向けて馬を急がせる!

しかし、先に進むとそこには敵兵が待ち構えていた!

 

挟み撃ちにするつもりか!

 

すると、上空から、アルスラーンの鷹・アズライールが敵兵の顔面を狙い爪で攻撃!

これで戦闘を走る騎兵が落馬し、後続も複数落馬していった!

 

なんてよくできた子なの!

 

 

 

アルスラーンの増援にキシュワードとナルサスが沢山の兵と共に現れた!

鷹のアズライールもキシュワードが連れてきたようだ。

 

キシュワードは二刀流の剣士!

これまたとんでもない武勇だ!

敵兵をなぎ倒し、その圧倒的な武勇で敵を撤退に追いやった!

 

ナルサスはキシュワードに追わなくていいという。

このまま、我々の武勇を伝えて貰い、襲ってこなくする方が得策だという。

 

 

これでバラけてた面々も全員合流できたわけだ!

どうやらナルサスの方が一足早くペシャワールに到着してたようだ。 

彼がキシュワードと増援を連れてきてくれたというわけか。

 

アルスラーンはナルサスの馬に乗る者に気づき、誰かと尋ねる。

アルフリードは馬を降り、アルスラーン達に自己紹介する。

 

「ナルサスの妻だよ」

 

いつの間にそういう間柄に((((;゜Д゜)))

 

エラムは心中穏やかじゃなさそうだww

 

・・・・・・

・・・

 

現在パルスの最大戦力を抱えたペシャワール城塞に案内される一行。

ナルサスをからかうダリューンw

ギーヴも便乗してからかうw

 

ナルサスはアルフリードに弁明を求める。

 

「まだ結婚はしてない。ただの情婦」

と弁明する前の方がまだよかった気がするナルサスだった。

 

頭を抱えるエラムww

ドン引きのダリューンw

なんのことかわからないアルスラーンww

ニヤニヤするギーヴw

 

なんだかとてもいいパーティだなw

 

ナルサスは襲われたところを助けただけと弁明する。

 

「襲われていた?」

ダリューンが質問するとナルサスはダリューンの耳元で銀仮面卿のことを伝えた。

 

そうこうしてるうちに、城内から万騎長キシュワードと同じく

万騎長のバフマンがアルスラーン一行を出迎えに現れた。

 

アルスラーンはこのペシャワールを起点に反撃の狼煙を上げる事を二人に告げた。

騎馬2万、歩兵6万の軍勢か・・・

かなりの戦力だな((((;゜Д゜)))

 

これにナルサスの知略も加われば、王都奪還も夢ではないかもだなぁ。

 

 

その夜・・・

ペシャワールの近くの崖に怪しい動きが・・・

なんと魔道士と銀仮面卿の姿が・・・

 

ギーヴは風呂で嘆いていたw

あんまり嬉しくない半ケツシーンw

 

ダリューンとファランギースが一緒に過ごしていたのが面白くないらしいw

そこにいきなり現れたアルスラーンw

気配断ちとはやりおる!

 

アルスラーンはギーヴにお礼を言いにいきたようだ。

 

 

一方、エラムとアルフリードw

なんだか嫁と小姑みたいな関係がそこにww

犬猿の仲だけど、これからどうなることやらw

 

続いてファランギースとアルフリード((((;゜Д゜)))

会いたい年頃のアルフリードに、大人の女としての対応を指南するファランギース。

もはや非の打ちどころがないファランギース((((;゜Д゜)))

 

 

アルスラーンはキシュワードの部屋を訪れていた。

アズライールに餌を上げるアルスラーン。

 

アルスラーンはスルーシという者の事をキシュワードに尋ねる。

スルーシはアズライールと仲がよかったということで、

見当たらないことが気になったようだ。

 

キシュワードが言うには王都に潜入させていたが、ここ数日連絡がないという。

恐らくはもう生きてはいまいと・・・。

 

「キシュワード。私はここペシャワールから挙兵し王都を奪還する」

「はい」

 

「その後、先走った話かもしれぬが、新しい国が出来たら、私は奴隷制度を廃止したいと思っている」

 

 

後編へ続く・・・

 

 

■前回

 

■次回

 

■アルスラーン戦記感想まとめ